スポーツ障害としての腰椎分離症

スポーツ障害としての腰椎分離症

腰椎分離症は、腰椎が疲労骨折することで分離する病気です。
腰椎分離症はスポーツ障害としても発生することがあり、多くの人が悩まされています。
スポーツ障害以外では、老化による骨の変性が原因で起こります。

腰椎分離症の原因

スポーツ障害としての腰椎分離症は、特定の骨に負荷が繰り返しかかることによって起こる疲労骨折で、運動後のクールダウンが不十分であると発症しやすくなります。

スポーツ障害としての腰椎分離症は、小学校低学年から高学年までの年代に集中して起こっています。
この年代での疲労骨折は安静にすれば、自然と骨癒合して治る場合が殆どです。
しかし、分離に気づかず、放置しそのまま年を重ねた場合、大人になっても分離が残る事になります。

腰椎分離症の症状

人の背骨は、生まれつき生理湾曲が備わっていて、上半身の重さと着地した時の地面からの衝撃を分散する仕組みを持っています。
しかし、腰椎が分離をおこしていると、この脊椎の機能が充分に働かなくなり、常に腰痛と背中の痛みが起こりやすくなります。

また、上体を反らす動きを伴うスポーツ(体操やテニスなど)には支障をきたすことがあります。
場合によっては分離部位から腰椎が滑り出す「腰椎すべり症」に発展してしまいます。
腰椎分離症または腰椎すべり症を起こしていると、神経を圧迫して下半身の痺れや運動障害に繋がる恐れがあります。

腰椎分離症は、神経の圧迫による運動能力の低下や、腰痛の為に行動が制限されるなど、スポーツをする上でも支障をきたします。

腰椎分離症の予防と治療

スポーツ障害としての腰椎分離症は、身体のオーバーユースによって起こります。
選手は、指導者も含めて、休息日を挟んだ練習のスケジュールを考えて実行することが最善の予防策となります。

特に腰椎分離症を起こしやすい年齢である小学校低学年から高学年にかけての時期は、骨が充分に成長しておらず、オーバーユースは避けなければなりません。

腰椎分離症の治療では、コルセットの装着による保存療法が主流です。
コルセットをつけている期間中は運動を禁止または制限して治療に努めることが大事です。