腰椎すべり症、分離症以外の原因

腰椎すべり症、分離症以外の原因

腰椎すべり症は、腰椎の椎弓部分が疲労骨折(腰椎分離症)を起こしたことが下地となり、後年「椎体のすべり」となって発症するケースもありますが、腰椎分離があっても腰椎すべり症に発展しない場合もあります。

分離症がなくても腰椎すべり症を発症することがあり、その原因はスポーツや日頃の姿勢などにあるようです。

【外部からの急激な強い衝撃】

腰椎すべり症はスポーツをしている時などに、筋肉に予想外の力が急激に加わった場合にも発症します。
しかし、スポーツをしていない方でも、不意に転倒した場合などに、すべり症になるケースがあります。

外からの強い衝撃による負荷がかかった場合、まず筋肉がその負荷を受け止めます。
しかし、不意にかかってきた大きな負荷を筋肉がすべて受け止めることができないことがあり、その場合腰であれば靭帯や椎間板に圧力が加わります。
その圧力が強ければ椎間板でも支え切ることができないで、椎体が前方に辷りだしてしまいます。

筋肉に柔軟性があれば、この急激な圧力によって生じた「すべり」を元に戻すような働きができるのですが、筋肉に柔軟性や強靭さがないと、すべったまま戻らなくなって「椎体のすべり」となってしまいます。

これは加齢による筋力の衰えなどが要因ともなっていて、若い方だと捻挫で済むケースでも中高年以降では、腰椎すべり症に発展してしまうということです。

【長時間にわたる同一姿勢】

これはあらゆる腰痛の原因でもあるのですが、デスクワークや長時間のクルマの運転が主な原因ですべり症になる事があります。
これは座り続けることによって、腰椎には継続的に負担がかかってしまうようになり、自覚のないまま椎体のすべりが起きてしまうということです。

椎間板や筋肉に柔軟さがある若い時期であれば、すべり症になることはありません。
しかし、加齢によって組織が弱ってくると積み重なった負荷を支えきる事が出来なくなってしまい「椎体のすべり」が起きてきます。

【予防】

腰椎すべり症は中高年以降に発症することが多い疾患で、症状が悪化すると坐骨神経痛や間欠跛行の症状が出てきて、日常生活が困難になる場合があります。

腰椎すべり症を予防するには、日頃から筋肉の強化をしていく事が大切で、特に腹部のインナーマッスルや臀部の筋肉を強化が腰痛予防につながります。

そして正しい姿勢を心がけ腰への負担を少なくすること、また、筋肉の疲労蓄積を避ける為に、入浴後等にストレッチ運動をして、筋肉の疲労解消を図る事も重要です。

何歳になっても、自由に体を動かせる状態にしておくためには、腰痛のない時期から心がけておきたいものです。