間違った腹筋で腰椎分離症へ

間違った腹筋で腰椎分離症へ

間違った腹筋をしてしまうことで、腰椎分離症になってしまうことがあります。特に付加の高い腹筋トレーニングは負担が大きすぎてしまい筋力トレーニングというよりも、腰に負担を与えるだけの運動になりがちです。腹筋を鍛えるというのは有効な手段ですが、腹筋だけを鍛えてもあまり良い効果はありません。しっかりと全身を鍛えていくことが重要になってきます。腹筋動作は筋力トレーニングの代表とも言えることですが、むやみに鍛えているだけではあまり良い影響はないと言えるでしょう。

間違った腹筋の仕方をしていると、それは腰に負担を与えてしまうことになります。腰椎分離症につながってしまうこともあるといえるでしょう。ゆっくりでも回数が少なくてもその体にあった適切な腹筋運動をしていくことが重要になってきます。腹筋活動をしていくことで徐々に鍛えていくことが大切になります。