腰椎分離すべり症とは

腰椎分離すべり症とは

腰椎分離症とセットで病名があがるのが「腰椎分離すべり症」です。

この腰椎すべり症とは腰椎すべり症は、その名の通り”腰椎がすべってずれる”ことです。腰椎が分離して、その腰椎が前方へすべり出し、椎間板に負担がかかるようになります。

椎骨は本来、前方の椎体と、後方の椎弓と突起群とが椎弓根でつながり強固な構造を持っていますが、腰椎に分離が生じると、強固につながっていた椎骨は、前方部分の椎体、上関節突起、横突起と、後方部分の椎弓、下関節突起、棘突起とに分れてしまい不安定性になってしまいます。

通常、積み木のように連なった腰椎は、前に傾いた仙骨の上に乗っていて、腰椎は前方に滑らないように関節でしっかり支えられています。

一般に腰椎全体は前弯を呈しており、下位の腰椎ほど椎骨が前方に傾斜し、立った状態では常に前方への剪断力が加わります。

特に第5腰椎では大きな剪断力がかかるため、分離が生じた場合には、椎体が後方部分はそのままにして前方へすべることがあります。これを分離すべり症といい、中年以降の男性で多く見つかる傾向があります。

又、腰椎すべり症には椎間板が変性変化で弾力を失い高さがなくなり、上下の椎体の並びにずれを生じる事があります。
これは腰椎変性すべり症といわれ、中年以降の女性の第4腰椎に多くみられます。

腰椎すべり症になると、人に元来備わっている腰部の緩やかなカーブ(生理湾曲)が失われてバランスが悪くなります。
そのため、すべった上下の関節部分も動きが異常となって、二次的に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの症状を生じる可能性が出てきます。

腰椎すべり症は、レントゲンでの検査で判断することができますが、若年性の腰椎椎間板ヘルニアと鑑別する必要があります。

腰椎すべり症の多くは手術をすることなく、コルセットの装着、痛み止めや理学療法、筋力の強化などで治療を進めていきます。

しかし、腰椎すべり症の状態が酷く、日常の生活が困難な場合に手術が検討される事もありますが、その時には手術後の状態も含めて担当医からしっかり説明を受けないといけません。