腰椎すべり症の対処

腰椎すべり症の対処

腰椎すべり症とは、脊椎の下部、腰の部分である腰椎の位置がすべるようにしてずれることです。
その為に、脊髄中枢神経から坐骨神経へと別れる場所での圧迫が主な原因となり、椎間板ヘルニアと似たタイプの坐骨神経痛を起こします。

腰椎は積み上げられた達磨落としのように連なった状態で、前方向に傾いた骨盤の中央にある仙骨の上に乗っています。
腰椎は前方へと滑らないように、関節によってしっかり支えられていますが、腰椎の分離が起こることによって不安定になってしまいそのことが原因となり腰椎がすべってしまうことがあります。(腰椎分離すべり症)

また、一般に高齢の女性に多くおこりがちですが、加齢による骨の変性で腰椎がすべることがあります。(腰椎変性すべり症)

これらの症状の場合はレントゲン検査で確認することができます。
腰痛や下肢痛などの症状がありますが、多くの場合においてなるべくならば手術をしないで、コルセットの装着、痛み止めの服用、物理療法、筋力の強化などの保存療法で治療を進めることになります。

それでも最悪の場合は手術を検討することもあります。その場合は術後の状態も含めてよく説明を受けなければなりません。

最初に検討される保存治療の基本というのは、安静にすることで痛みの軽減を図ります。

コルセットの装着で動きを制限し、薬物療法では疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを用います。
それ以外に神経の修復を助けることが目的で神経賦活薬や末梢循環改善薬なども用いることもあります。

また、急性期の痛みがなくなった後では、温めることによって末梢部分の血液循環がよくなって疼痛が改善することから温熱療法も用いられます。

それ以外にも神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックがあります。
神経ブロックは初回には治療的な意味もあるのですが、他の腰痛を来す内臓疾患との鑑別に用いられることがあります。

つまり、神経ブロックによって痛みが改善された場合には、今の痛みが腰の神経が圧迫されて生じていることが原因であると結論付ける事が出来、腫瘍などが原因の腰痛ではないと判断できるからです。

このような保存治療を行なって症状が改善しない場合には手術療法が行われます。
多くの場合には腰椎すべり症の手術では、すべっている椎間の固定術を行ないます。

固定術というのは、自分自身の骨盤などの骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合とがあります。他に固定の補助として用いる金属製の器具を使う場合もあります。