体を徐々に慣らしていく運動をする

体を徐々に慣らしていく運動をする

腰椎分離症で特に少年期などの原因になりやすいのは過度な運動です。過度な運動をしてしまってもその無理が通ってしまうのがさらに厄介なことにしていると言えるでしょう。子どものころの腰椎分離症はできるだけ防がなければいけない症状の一つです。体がしっかり出来上がる前の過度な運動はできるだけ押さえ、寮よりも質を重視していくことが大切です。一度腰椎分離症になってしまった後は、しっかりとした治療をする必要があります。治療をしていく中で子どもなりに必死になっていきますが、その気持ちを焦りにつなげないようにして、徐々に体を慣らしていくことが先決です。

体が十分に鍛えられていても、体がそれについていくことができないと、再度腰椎分離症になってしまう危険性はあります。そうなってしまってはまた振り出しからのスタートになってしまいます。体を大切にすることも運動と同じくらい大切なことであることをしっかり伝えていくと良いでしょう。