腰椎分離症、腰椎すべり症に有効なマッケンジー法とは

腰椎分離症、腰椎すべり症に有効なマッケンジー法とは

腰椎分離症、腰椎すべり症など腰痛全般の治療に、最近ではマッケンジー法が効果的であるといわれています。

マッケンジー法とは1950年代にニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏が開発、発展させてきた療法です。

マッケンジー法は、マッサージや温熱療法、電気療法などのように、その場限りの短期的な効果を期待するものとは大きく違います。

国際マッケンジー協会認定セラピストが問題のタイプを分析し、その上で「マッケンジーエクササイズ」を中心としたプログラムを作成します。

つまり、マッケンジー法は、これとあれを行えば腰痛が治りますよという単純な方法ではなく、しっかりと患者の現状を把握 (評価)したのち、その現状認識に基づいて患者に適した治療法をアドバイスするというものです。

マッケンジー法の大きな特徴として、整形外科やその他一般的に知られている腰痛体操などではタブーとされている、上体を反らす姿勢(伸展)を取り入れている点があげられます。

マッケンジー法では、国際マッケンジー協会認定セラピストが、まず患者に現在の腰痛状況を詳しく聞き出すための問診を行います。

次に、姿勢分析や関節・筋肉を「曲げる」、「捻じる」、「伸ばす」などを繰り返して身体の動きや柔軟性を調べる「理学検査」というものを行います。

得られた情報をもとに、マッケンジー法独自のカテゴリーから問題のタイプを特定する過程で、方針をみつけだしプログラムをまとめます。

これは生活様式や学校・職場など、個々の環境に合わせてプログラムの遂行がされやすいよう、オーダーメイドで作成されます。

検査で、 患者によってはマッケンジー法の特徴である身を後ろに反らす体操は適さないと判断され他場合は、伸展体操は取り入れられず、 腰をねじ曲げたり、横にずらしたり、前屈したりといった体操の提案をします。

その後、状態が良くなる過程で予防プログラムを開始いたします。

さらに、マッケンジー法のいかなる体操治療も適さないと評価された患者には、マッケンジー法以外のどんな治療がその患者にふさわしいのか、医師との十分な話し合いの中で見つけていきます。

【マッケンジー法のメリットは】

・安心・安全
他者にまかせっきりの療法とは違い、マッケンジーエクササイズのほとんどは、セラピストの指導の下、自分自身で行います。
エクササイズの刺激は全て弱い刺激から始め、必要に応じて、徐々に段階を経て強くしていきます。

・効果が早い
マッケンジー法は自分で行なうマッケンジーエクササイズが主体となっていて、1日に何度でも必要な身体への刺激を加えることができます。
これは「やってもらう治療」では得られ難い、短期での問題解決が可能となります。

自分で行うマッケンジーエクササイズで十分な効果が得られない場合は、マッケンジーセラピストの手や道具を使った方法を加えていき、自分で問題解決しやすい状態を作っていきます。

・病院への通院回数が少ない
マッケンジー法のプログラムは患者が自宅や職場、学校などで行えるように工夫改善されます。
プログラムを遂行し、結果として得られる状態変化の情報をもとに、プログラムを調整・変更します。

そのため、一般的な「やってもらう治療」のように毎日、何週間も何ヶ月も通い続ける必要はなく、来所する回数は少なくてすみます。

プログラム方針が定まるまでは数回続けて通院しなければならない場合がありますが、状態によっては2~3回で卒業できる方も多いそうです。