腰椎分離症の症状

腰椎分離症の症状

腰椎分離症は、成長期のスポーツ選手などによく見られる症状で、腰の骨の一部が折れてしまったり切れてしまったりするもので、主に第4、5腰椎に多くみられます。

万が一悪化してしまった場合、「慢性腰痛症」になってしまったり、「分離すべり症」に発展する危険性があります。

腰椎分離症の主な症状は、特に腰の痛みが強く、腰を後ろ側へ反らせるようにすると、痛みが増すのが特徴です。

その他にも、痛みが酷くなる原因は多く、長時間の立ち仕事や、腰を曲げていなければならない場合などには痛みがより激しくなる傾向があります。

また慢性期には、安静にしていても、腰に重いような痛みやだるさなどを感じます。
痛みの主な原因はずれてしまった骨が筋肉を刺激し、炎症を起こしていることがほとんどです。しかし、自覚症状が無い人も多くいます。

特に、少年期に激しいスポーツをしていても、何年も痛みが無い場合がよくあるのですが、成年を過ぎた頃に痛みが出てきた場合、多くは慢性期に入っていますので、分離部分の骨が癒着することはほとんど不可能です。

分離があっても、筋肉や靭帯が強靭で、分離部分の骨を十分にサポートする事が出来ている方は、画像診断などで明らかに分離を起こしていても、一度も痛みが起きないケースもあります。

症状が酷い場合、また、加齢により筋肉や靭帯の力が弱ってくると、分離部位を支えられなくなりすべり症に発展する場合があります。

症状は臀部の痛みや下肢のしびれなどが挙げられます。
また、他の大きな腰痛(脊柱管狭窄症など)へと進行するケースも多いので、症状をよくチェックして判断することが重要です。

できることならば、スポーツを盛んにやっていた少年期に、痛みなどの症状はなくても、定期的にレントゲンを撮ってみることが必要かもわかりません。
そうすることで、早期発見・早期治療が可能となり骨癒合が期待できるという事です。

腰椎分離症の急性期の症状と、ぎっくり腰の症状はよく似ています。
分離が起こる瞬間にそれを止めようと筋肉が反応し、その結果、筋肉が炎症を起こすことになるからです。
この場合の治療は、安静にする事と消炎効果のある鎮痛剤などで対処します。

改善するには早期発見と、早期治療が最も効果的な治療方法ですが、このような痛みのバランスに気付かずに、つい放置してしまうことも多くあります。
痛みがなければ常にトレーニングやストレッチなどをして、筋力強化することを求められます。