腰椎分離症の手術

腰椎分離症の手術

腰椎分離症において手術を行うというのは、日常生活に支障をきたすような、よほどひどい症状になった時のみでごくまれなことです。

通常、薬物療法やコルセットの装着、ブロック療法などの保存療法で治療が進められ、それでもまったく改善が見られない場合に、手術の必要性が初めて検討されます。

椎分離症および腰椎すべり症に対する手術は、大きくわけて3種類あります。

「分離部修復術」

分離部修復とは疲労骨折の後に偽関節となっている分離部位に骨移植を行い、骨折部を修復し元通りのリング状の背骨に戻すことです。
骨折手術と同様に、骨移植のみでは局所の安定性が得られにいので内固定を追加します。

「分離部除圧術」

腰椎分離症の除圧術は、神経根を圧迫している骨や軟骨を切除して、神経根を圧迫から開放するというもので、ほとんどの痛みはこれで落ち着きます。

顕微鏡下除圧術は、視野が明るく且つ広いために、手術でイメージされがちな、多くの出血はなく、ごく少量なものです。

肉眼での手術より体への負担が少ないことから、社会復帰も以前にくらべて非常に早くなり、基本的に手術当日には歩行が可能となります。

「椎間固定術」

これは、腰椎分離症に、さらに椎間板不安定性、そして腰椎すべり症などが合併した場合にその椎間を固定する治療方法です。かなりひどい症状の場合に行われます。

除圧と固定を行う手術で、神経を圧迫している部分を切除した後、患者さん自身の骨(移植骨)や人工骨を挿入して固定します。

さらにスクリューやプレート等を使用して脊椎の安定性を高める場合(インストゥルメンテーション)があります。
前方アプローチ、後方アプローチによる手術があります。

ただ、いくらひどい腰痛だからといって、ひと口に腰椎分離症や腰椎すべり症と診断できない場合もあり、手術が必要と言われた場合には、セカンドオピニオンも重要となります。