腰椎すべり症の手術、セカンドオピニオンの重要性

腰椎すべり症の手術、セカンドオピニオンの重要性

腰椎すべり症の場合手術は、一般的に手術での治療は行われません。
ただし、保存療法で治療をしていても効果がなく、100メートルも歩けない、痛みがどんどん酷くなっている、及び排尿・排便障害などが起きているなど日常生活に大きな支障がある場合に、手術が行われます。

ただし、日常生活に支障がない範囲というのは、個人によって差があります。
例えば、手術の対象とならないような場合でも、患者それぞれの考えがあって生きがいを全うしたいという強い思いがあり、それが腰椎すべり症の為にできないという場合は、手術が行なわれることがあります。

医師によっては、レントゲン、MRI画像診断による骨のすべり具合の程度で手術を勧めている場合がありますが、一方で手術はあくまでも患者自身の意思を尊重し、画像診断はその補助的役割の為に使用するという医師もいます。
手術をしたくないのに手術を勧められた場合は、自分の意思をはっきりと医師に伝えることが重要です。

自分の思っていた状況とは違うと思った場合は、セカンドオピニオンを積極的に求めるようにしましょう。

医師は「まだ、手術をする必要はないでしょう」や「手術はした方が良いでしょう」などと意見をいい、自分の意思と異なった進言になることもありますが、やはり一番大切なのは、患者本人の意思です。

手術はやはり危険を伴いますし、手術をしたからといって完全に治癒できるとは限りません。
色々な意見を参考にして慎重に決断されるべきです。