腰椎すべり症の治療、「理学療法」と「鍼灸治療」

腰椎すべり症の治療、「理学療法」と「鍼灸治療」

腰椎すべり症は、腰椎下方部が何らかの理由で前方にすべり出すものです。
椎骨と椎骨の間には椎間板が存在していて腰椎の動きをスムーズにすると共の、腰にかかる負荷を吸収しています。

すべり症の原因となるのは、椎間板が加齢によって変性し弾力性を失う事や、若い頃におこった腰椎分離症が治癒せず、後年に腰椎すべり症に発展することなどがあります。

いずれにしても、腰椎の前方移動(すべり)だけでは、痛みやしびれといった症状がでるとはかぎりません。
しかし、すべった腰椎が脊柱管を狭くして、中を走る脊髄神経を圧迫した状態に至ると、強い痛みや痺れが、腰回りから太もも後部へ広がり、ふくらはぎにまで、同様の症状があらわれることもあります。
所謂、坐骨神経痛です。

腰から脚にかけてこのような症状が現れてきた場合には、多くの場合で病院の整形外科で診断・治療することになります。

しかし、腰痛治療に関しては、整体や鍼灸、カイロプラティックなどの治療院を訪れる方も多いと思われます。
腰痛や坐骨神経痛などは、その原因となる疾患が存在し、多くは整形外科の範囲の疾患となります。
レントゲンやMRI検査を行うことができるのも病院ですので、最初は整形外科で診察してもらうのが良いでしょう。

整形外科の範囲以外の原因となるのは細菌感染などによって骨や椎間板が溶けるようなケースや、結核感染によっておこる脊椎カリエス、また腫瘍が原因の腰痛も無視できません。脊椎の腫瘍には悪性のものもありますし、転移して出来た腫瘍は癌の場合もあります。

病院では、腰椎すべり症に限らず、あらゆる腰痛に関して、治療はまず急性期の痛みを取り除くことから始まります。
その後は理学療法などの保存療法によって治療を勧め、日常生活に支障のないレベルまで痛みをおさえていきます。

手術の必要がある場合には病院での治療が必要ですが、腰痛の場合手術の必要がないならば、急性期の強い痛みがおさまったら、鍼灸治療に切り替える患者さんもいらっしゃるようです。
それは本人の自己責任で自由に選択すればよいと思います。

鍼灸治療による、症状改善のポイントは治療院によっても異なりますが、下記のような3ポイントとなります。

・外周神経への影響・・・鍼灸刺激によって痛覚神経の痛みの伝達が遮断できることから、脊髄の傷害性刺激に対する反応を抑制します。
・中枢神経への影響・・・脳の鎮痛システムを活発にします。
・脳内ホルモンを活用し、鎮痛効果を高めます。

鍼灸治療では、脳内ホルモンのエンドルフィン(脳内麻薬のことであり、モルヒネの6.5倍の鎮痛作用がある)を増やし、カテコールアミン(神経伝達物資)は減らします。

人によっては、鍼灸治療が合わない、効果があらわれにくいということもあります。
そのような方は、いくら治療を続けても一般的にいわれている効果を実感することはできません。

また鍼灸によって脊椎矯正を行い、神経圧迫を解除することもできます。鍼灸治療が体に合っている方だと、病院での理学療法以上の効果を実感できる場合もあります。