腰椎分離症・腰椎すべり症、病院選びは慎重に

腰椎分離症・腰椎すべり症、病院選びは慎重に

腰椎分離症、腰椎すべり症が疑われるときは、まず診察を行なう、病院選びが大切になってきます。
腰椎分離症や腰椎すべり症ははっきりとした症状が出ない事も多く、また誤診が多い疾病だといわれています。

そのため、診断を受ける際には、なるべく腰椎分離症や腰椎すべり症の治療に長けている病院を選ぶようにすることが、とても重要になります。

腰椎分離症、腰椎すべり症の治療は、ほとんどの場合で安静にすることを基本に、コルセットを着用したり、鎮痛剤を服用する保存療法が用いられます。

薬物療法や理学療法などで改善が芳しくない時には、患部に麻酔薬を注射して、脳に痛みの信号を送ることを遮断する、神経ブロック注射をおこなうこともメジャーな療法として知られています。

しかし、これらの保存療法などで効果が見られなかった場合、手術が選択されます。
この場合、医師の経験が重要なポイントとなります。
できれば手術経験が多い医師がいる病院、また術後のリハビリ体制がしっかり整っている病院を選ぶことが大切です。

腰椎分離症や腰椎すべり症の治療には、手術はもちろんのこと、術後のリハビリがとても重要になってくるからです。

腰椎分離症や腰椎すべり症を治療するためには、必ず医師の力が必要となります。
近年はインターネットのホームページなどで、色々な情報も開示されていますし、口コミや評判なども参考に、名医にめぐり合えるよう慎重に病院選びを行なって下さい。

患者さんによっては、整体療法や鍼療治療をおこなう方もいらっしゃいます。
この場合でも、治療院選びはとても重要です。
手技で行われる治療ですから、施術者の技術にも当然「差」があります。

又、所謂これらの東洋医学の施術者は、国家資格でないことが多いため治療技術も大きな差があるのは事実です。
治療方法によってはかえって症状が悪化する事もあり、治療院選びは慎重に行わなければなりません。