腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症は腰椎分離症から進行したものです。病名が似ているため同じ疾患かと思われがちですが、根本的に全く違う症状です。

腰椎分離症は、椎骨棘突起と呼ばれる部位が疲労骨折などで折れてしまう症状で、主な自覚症状は腰痛です。
それに対して、腰椎分離すべり症は、椎骨が前方にすべった状態で、腰痛はもちろんのこと、所謂坐骨神経痛の症状のしびれや激痛、を伴う場合もあり、歩けなくなってしまうこともあります。

急性期の痛みは、ぎっくり腰と同じような痛みといわれていますが、多くの場合、だるいような重苦しい痛みがあるようです。
我慢できない痛みではない為治療を遅らせてしまう原因になることが多く、患部の状態が悪化してしまい、治療が長引く原因にもなっています。

骨が成長段階にある、年齢が若いうちに、野球やサッカー、バレーボール、テニス、ゴルフなどの腰のひねりを伴った過激なスポーツを過度にしすぎ、脆弱な部分が疲労骨折を起こすと考えられています。

年齢が若ければ、周囲の筋肉や靭帯も健康で勢いがあるため、腰椎がすべっても瞬間的なケースが多く、すぐに元に戻す力が働きます。
しかし、加齢によって衰えた靭帯は、この反発する力を失っており、一度すべってしまうと元に戻りにくくなってしまいます。

突然の痛みであれば医師の診断を仰ぐことになるのですが、年齢が重なっていくとともにだんだんと痛みが大きくなっていくもので、「歳のせい」として放置することが多くなります。
慢性痛が進行し、その間、立ち仕事や無理な姿勢を続け、やがて神経症状を発症します。

痛みがあまりなくても、早め、早めの治療をすべきで、病院で簡単なレントゲン検査をうけるだけで状態が分かります。

怖いのは、そのまま放置していると、脊柱狭窄症を発症してしまう場合がある事で、そうなると日常生活もままならなくなってしまいます。
そうなると手術が必要となるケースも出てきますので、腰に違和感などを感じたら、早め早めの対処をすることが求められます。

若いスポーツ選手はその時は運動を中止しコルセットなどで固定し、腰への負荷を軽減させます。小学校高学年以下ですと早い段階だと分離部分が癒合されて完治します。
癒合がされない場合や成人の場合、腹筋や背部の筋肉の強化が必要です。

腰椎分離すべり症は状態により、固定をする手術を行う場合があります。