疲れを見落とさない

疲れを見落とさない

腰に疲れを感じた時に動いているとだんだん疲れがあまり感じなくなっていくとうことはあると思います。筋肉のコリが取れていったことによって筋肉の機能性が回復するということは実勢にあります。そのためある程度の運動は腰痛に良い効果を及ぼしてくれることもあると言えるでしょう。予防方法で運動が取り入れられるのもそのような意味が大きいです。しかし疲れを感じた時に疲れたと思わないことはまた少し違ってきます。

疲れたので休憩のために腰を動かすのと、疲れていないと思って腰を動かすのではいたわり方や動かし方に違いが出てくると言えるでしょう。当然腰にも大きな負担の差が出てきます。腰の疲労はしっかりと自覚してその上で次の行動を決めていく必要があると言えます。時は行動をしないという選択肢が必要になることもあるかもしれませんが、運動をする時にも適度に抑えておくという選択肢も重要になってきます。

疲れを自覚するところから予防は始まっていきます。