腰椎分離症のリハビリ

腰椎分離症のリハビリ

腰椎分離症は、第五腰椎部分に多く見られる、いわば一種の疲労骨折と考えて良いでしょう。
多くの場合、骨が成長段階の時期に激しいスポーツ等をすることが原因となるケースが多くなっています。

分離した腰椎は小学生高学年以下ですと癒合が可能なのですが、それ以上になると癒合は困難になっていきます。

腰椎が分離しても痛みを感じない場合があり、そのまま激しい運動を続けてしまう人も多いので、部活等でハードな運動を続けている場合は、腰の違和感には敏感になったほうが良いでしょう。

分離したままの状態では、成人してから椎間板が動いて腰椎分離すべり症を引き起こしてしまうこともあります。

腰椎分離症は早期に発見して対処(スポーツは一時中止して、コルセットなどの装具固定を実施する)すれば、骨が癒合して早く治癒します。
将来、分離が原因での「腰椎分離すべり症」に発展する心配もなくなります。

大人になってから腰椎分離症になると、癒合する可能性は低くなり、再発を繰り返すようになります。
いずれにしても、分離症であると診断された場合は、十分な安静期間をとって、体幹に負担となるスポーツなどは、半年程度中止して様子を見ることが重要です。

分離した腰椎が癒合する可能性が低い成人の場合、腰椎分離症の治療・リハビリにはストレッチ等がよく採用されます。
ストレッチを行う場合自己流で行うのではなく、医師、整体師、トレーナーといった専門家の指導のもとで取り組むようにします。

またストレッチによるリハビリは、通常痛みが十分引いてから始めて下さい。
スポーツをしている方は、早く復帰したいという気持ちで焦る方が多く、痛みが残っている状態で無理にリハビリを進めてしまうと、かえって症状が悪化するだけです。

うつ伏せになることで腰に自然な湾曲が生まれることから、うつ伏せ自体がストレッチになります。
腰椎分離症では、ストレッチを始めたばかりの段階ではうつ伏せストレッチだけという時期もあります。
うつ伏せになるだけなら、痛みが引いた後で自宅でセルフストレッチとして行なう事が出来るでしょう。

分離症改善のためには色々な方法があり、どの段階でスポーツを再開するかについては、指導者によって意見が異なります。
しかし、基本は絶対に無理をしないということです。

医師や理学療法士の指導に従い、焦らず治療の段階を踏んでいきましょう。