腰椎は丈夫な骨である

腰椎は丈夫な骨である

腰椎は負担が多くかかることになる分丈夫な骨になっています。椎骨の中でも頑丈なほうであり、しっかりと体を支える事に貢献していると言えるでしょう。しかし当然使いすぎてしまってはその骨も傷んで骨折してしまうこともあると言えるでしょう。腰椎分離症はまさに負担が大きすぎる結果腰椎が分離、骨折してしまうことになると言えるでしょう。体を支えることに大きく影響している腰椎であるのにも関わらず、骨折していることに気付きにくいという性質も持っていて、注意しなければいけない腰痛の一つと言えることになります。痛みがないことがある分、注意は他の腰痛以上にしておかないといけないと言えるでしょう。

腰椎は丈夫な骨となっていますが、構造上あまり丈夫でないと見ていくこともできます。それは骨のつき方などに影響しているのですが、人は直立して歩行するために腰の部分に大きな負担を強いることになります。そして腰椎の存在の仕方というのもその直立歩行にあまり適していない形をしているというように見ることもでき、そのせいで負担が他の椎骨よりも大きくなっていると考えていくこともできます。頑丈ではありますが、他の椎骨との連結と言う部分ではもろい部分があると言えるでしょう。特に仙椎との連結部分は耐久度があまり高くないと考える事もできます。実際にこの当たりで腰のトラブルが起こってしまうことが多くなっていると言えるでしょう。

腰椎はそれほど自由に動けるものでもありません。仮に自由に動けることがあってしまうと当然体を支える機能は落ちてしまい、不安定になってしまうことになるでしょう。そのような意味でも動きはかなり制限されていると考える事ができます。そのため無理な動きがあると動きの制限も加わり、骨折の危険性が一気に上がってしまうことになると言えます。運動などによって無理な動きをしてしまって腰を痛めてしまう時に、腰椎を骨折してしまうことも多くあることになります。無理な動きをすることは避ける事が大切であり、できるだけ脊柱を囲んでいる筋肉をほぐし、無理な運動が起こってしまった時にも、できるだけ柔軟に対応できるようにしておくことが必要になると言えるでしょう。

腰椎の丈夫な性質をしっかりと生かすためには十分な準備運動は必要になってきます。そうでないと無理な運動をしやすくなってしまい、すぐに骨の限界が来てしまうこともあると言えるでしょう。腰椎分離症は気づきにくく、危ない症状の一つと言うこともできますが、しっかりと予防を考えていくことで症状を抑えてしまうこともできると言えるでしょう。これは大人も子どもも関係ないと言ってしまうことができます。