早期発見が望まれる「腰椎すべり症」

早期発見が望まれる「腰椎すべり症」

腰椎すべり症とは中高年の、中でも特に女性の割合が多い腰椎の慢性的な歪みです。

腰椎は通常、筋肉や靭帯、椎間板などによって支えられています。
それが何らかの原因によって、少しずつ前の方に滑って、上下で合わさっていた椎骨がずれてしまう状態を腰椎すべり症と言います。

腰椎がずれてしまう原因はいろいろあり、若い頃に激しいスポーツをしていたことなどが原因で疲労骨折を起こしていたものが引き金となって辷りを起こす、分離すべり症もありますが、主たる原因は加齢によるものが多くなっています。

椎間板は腰椎を構成する椎骨と椎骨の間にあって、クッションのような役割をしています。
この椎間板や腰椎を支えている筋肉や靭帯が年齢を重ねるとともに変性し、機能が低下することで、体重などの腰にかかる負荷を逃がすことができなくなり、前の方にずれていってしまうのです。

若い時のように筋肉や靭帯が健康で、腰椎を支える力が充分にあれば、辷った椎骨を元に戻す力が発生するのですが、高齢者の場合は前の方にずれるとそのままになってしまうのです。
腰椎すべり症が中高年に多いのは、原因が加齢によるものであるからです。

腰椎すべり症の初期段階の症状は、それほどの痛みを伴うものではなく、腰が重いとか、だるいといった感じの症状になります。
そのため放置されることが多いのです。

しかし、それが徐々に痛み出し、いつの間にか慢性的な痛みに変わってしまうので、気が付くと腰椎すべり症になっていたというケースが多いのです。

この腰椎すべり症は癖になる場合が多く、何度も滑ってしまううちに徐々に靭帯を痛め、伸ばしてしまうことになり、背骨の安定性を欠いていきます。

腰椎すべり症は、進行すると坐骨神経痛を発症することがあり、また、脊柱管狭窄症の引き金ともなりますので、気になったら、早めに病院に行くようにしましょう。