腰痛治療のための整形外科の役割

腰痛治療のための整形外科の役割

腰椎すべり症を病院で治療する場合、整形外科で行われるのが一般的です。
ただし、腰椎すべり症など脊椎にかかわる分野の場合、脊椎専門医がいる病院が最適です。

また、他に病気を抱えていたり、気になる症状がある場合には、出来るだけ大きな総合病院で受診することをお勧めします。

腰椎すべり症に限らず、「腰痛」を引き起こす病気はとても複雑に絡んでいることがあります。
腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど、実にいろいろあって、腰痛で整形外科を受診した際、病院によって下される「病名」が異なることが多々あるようです。

上記の病気などによって引き起こされる痛みは、主に中枢神経が圧迫されることによって引き起こされていることが多く、病名にあまりこだわらず、治療の目的は、原因である「中枢神経の圧迫」を小さくすることになります。

「整形外科には、いくら通っても良くならない」という人がいて、実際、そういう事例が多いことも確かなのですが、整形外科にしかできない事もあります。

整形外科の場合、レントゲン、CT,MRI検査等でより客観性の高い診断が下されます。また、激しい痛みを取るために神経ブロック注射を採用します。

これは、痛みをとる為に麻酔薬の注射をするのだと思われていますが、このほかに、この神経ブロック注射によって、痛みの原因を特定する事もできるのです。

腰痛の原因は、中枢神経の圧迫が原因であることが多いにですが、その他に腫瘍や内臓疾患などが原因となっている場合があるのです。

神経ブロック注射によって、一時的であれ痛みが改善されたら、それは中枢神経の障害が原因だということが結論づけられるのです。

また、最悪手術が必要な場合にも、病院(整形外科)でしか受けることはできません。

いずれにしても、腰椎すべり症の可能性がある場合には、まずは整形外科を受診するようにして下さい。

症状の推移を見ながら、その後の治療先を検討すればよいでしょう。
選択肢としては、鍼灸、カイロプラクティック、整体などがあります。

なお、整形外科の有名な機関として、「日本整形外科学会」があり、こちらのホームページでは全国の病院や医師などの検索が可能となっています。
また、病気についての詳しい説明などの情報も沢山ありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。