坐骨神経痛の原因となる腰椎分離症

坐骨神経痛の原因となる腰椎分離症

腰椎分離症とは、腰椎を連結させている椎骨の関節突起間部の骨が分離してしまっている状態の事を言います。

この状態は上下の椎骨の連結は椎間板だけに頼ってしまう事になり、腰椎が不安定になってしまいます。
その結果、周囲の組織や神経などに負担が加わり痛みが生じてきます。

この時に坐骨神経とつながっている神経根が圧迫されたり炎症を起こしたりすると坐骨神経痛になってしまいます。

坐骨神経痛は、臀部から大腿部裏側にピリピリしびれるような痛みを感じます。これは、腰椎分離症や、腰椎すべり症により神経が圧迫されることからも起こる事があります。

また、身体を後ろに反らすと痛みを感じたり、痛みが大きくなってしまう「後屈障害型腰痛」を発症することが多いのですが、腰椎の分離によって必ずしも腰痛や坐骨神経痛が現れるというものでもないようです。

腰椎分離症の主な原因は少年期に経験する激しい運動などで、時期的には10歳から14歳くらいに発症します。
激しい痛みがない事から放置してしまいがちです。

腰椎分離症は、小学校高学年くらいまでなら安静とコルセット装着等で骨癒合しますが、それ以降では放置していると悪化する事が多く、坐骨神経痛に繋がっていきます。

また、成人では捻挫をしてしまった事や蓄積された疲労がきっかけとなり腰椎分離を起こしますが、この場合も全ての人に症状が現れる訳ではありません。
何となく腰のあたりがだるい感じがする、重苦しい痛みや鈍い痛みがある、というのが自覚症状のようです。

これも放置していると、腰椎分離すべり症に発展し、すべった椎骨が脊柱管を狭窄し神経を圧迫する「脊柱管狭窄症」に繋がっていきます。
この場合、酷くなると坐骨神経痛に悩まされるようになります。

腰椎分離症は放置しても改善しないケースが殆どで、早期発見、早期治療が重要です。
もし、お子さんがスポーツ好きで腰痛を訴えている場合は腰椎分離症の可能性があります。

整形外科でレントゲン写真を撮ってもらうと腰椎分離症かどうなのかがわかりますので、
お子様が腰痛を感じているようであれば、ただのスポーツの疲れとか腰を痛めた程度に考えることなく、一度整形外科で診察を受けることをお勧めします。