腰椎すべり症、再発防止対策

腰椎すべり症、再発防止対策

腰椎を組み立てている椎骨の一つが前に辷って、人間に生まれつき備わっている脊椎の緩やかなカーブ(生理湾曲)が損なわれることがあり、それを腰椎すべり症といいます。

腰椎すべり症は椎骨と椎骨の間にある椎間板の変性や、椎骨を支えている靭帯の老化などが原因となる「変性すべり症」と、椎弓の分離が下地となって発症する「分離すべり症」があります。

どちらも、完治はなかなか困難で、手術をすれば症状は軽快しますが、必ずしも再発が避けられるというものではありません。

加齢が原因ではない分離すべり症で、固定術まで行った場合は再発のリスクはかなりおさえられるとも考えられますが、椎間板の変性は絶えず進行するものですから、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症として再発することも考えられます。

腰痛症は常に再発のリスクがあると認識し、症状が無くなったとしても、その後の生活に於いて再発を抑制できるように気を配る必要があります。

再発防止のための留意点で一番重要なことは「筋肉の強化」となります
筋肉の強化・・・治療中から行なってきたことですが、症状が落ち着いたあとも継続するこが大事です。

筋肉に力が無ければ、体重や体にかかる負荷を殆ど骨格で支えることになります。
反対に筋力が充実している体は、極端に言うと、背骨がなくても胴体を支えることができるといわれているほどです。

ただしハードな運動をする必要はありませんし、高齢者には無理で、かえって腰痛を再発・悪化させてしまいかねません。水泳やウォーキング、ストレッチなどで十分です。

そして腰痛対策としての筋力強化で重要なのは表層筋よりも深層筋です。深層筋は強い負荷をかけなくても強化されますので、高齢の方や普段体を動かしていない方は無理のない運動で筋力強化を図っていくことがポイントとなります。

また、長時間のデスクワークや車の運転を仕事としている方、現場作業などで前屈姿勢をとることが多い方は腰痛が再発しやすいのですが、筋力がつくと仕事による腰への負荷を軽減できます。

他に重要なことは「体重の管理」です。
人間は真っ直ぐに立っている時でも上体の重量が背骨にかかっています。さららに腰を曲げることでかかる負荷は、体重が重いほど大きくなります。

椎間板の変性は、20代のころから始まると云われていて、加齢とともに進みそのスピードは体重が重い人ほど早くなります。
太り過ぎは色々な観点から決して良い事ではありませんので、注意しなければなりません。

ただし減量のために食事をコントロールし過ぎると、カルシウムなどの必要な栄養が不足してしまうので骨にとっては良いことではありません。減量を行う場合はこの点に十分注意する必要があります。

医師とも相談して、有効で無理のない方法を継続することで、「腰椎すべり症」の再発は防ぐことができます。