カイロプラティックの考え方による、腰椎分離すべり症の原因

カイロプラティックの考え方による、腰椎分離すべり症の原因

腰椎分離すべり症の原因は、
1)先天的なもの
2)外傷(疲労骨折など)
3)腰椎の歪み
4)歪みによる神経の流れ
5)骨粗鬆症
などに分類され、このうち「神経の流れ」からくる問題はカイロプラティックなどでよく取り上げられる原因です。

原因を「神経の流れから来る」とする考え方は、整形外科の分野ではほとんど取り上げられることがなく、また、カイロプラティック自体が、日本国内では西欧諸国と違い公的資格としての認可基準がない代替医療ということもあり、一般的にも腰痛の原因として考えられることの少ないものであります。

「神経の流れから来る問題」とは、脳から伝達される神経エネルギーの流れが阻害されることによって、腰椎分離すべり症を始めとする一連の腰痛症が引き起こされているとするものです。

カイロプラティックの考え方は、起点となるのは腰椎ではなく第一頚椎(アトラス)であり、第一頚椎におこった歪みによって脳幹が圧迫されておこると考えられています。

脳幹が圧迫されると、脳から各組織に行く神経エネルギーの流れが阻害されると、腰椎を支える大腰筋や腹筋などの筋力が低下し、腰椎の過剰前弯が生じることになるわけです。
腰椎の過剰前弯が起こると、関節突起に負担がかかり腰椎分離すべり症の原因になるのです

また、第1頚椎(アトラス)はボーリングの球ほどの重たい頭(4~8kg)を支えています。第一頚椎がゆがむと、重たい頭が傾き、バランスを取るために二次的に骨格全体の歪みが起こります。腰椎が歪んで過剰前弯が起こると、腰椎分離すべり症の原因となるのです。

その他、第一頚椎の歪みは脳幹の圧迫だけでなく、頭蓋骨の傾きにもつながり、眼や平衡感覚を司る三半規管にも影響して、腰椎の歪みを導くことにもなります。

第一頚椎の歪みの原因は、構造的な問題や心理的なストレスなど、実際は多岐にわたっています。

腰椎分離すべり症や坐骨神経痛の原因を、神経の流れから来るものかを見分ける方法としてカイロプラティックでは、筋肉の反射テスト、「キネシオロジー検査」を行います。
この検査方法は1964年にアメリカのカイロプラクター、ジョージ・グッドハートによって確立されています。

歪みのない体において人間の自然治癒力が力を発揮するという理屈は、誰もが何となく実感していると思います。
カイロプラティックをどう考えるかは別問題として、腰椎分離すべり症の原因が、腰椎以外の部位、つまり頚椎などでの歪みにもあるとする考え方は納得できるものといえます。