腰椎分離症の治療

腰椎分離症の治療

腰痛の原因として多いものの中に腰椎分離症があります。
これも「保存療法」で治療が行われます。

この保存治療は安静を基本として、装具療法、薬物療法、理学療法、ブロック治療などがあります。

分離が起こって間もないころは、安静にしてコルセットを装用して動きを制限します。
その一方で、薬物療法では、疼痛に対して消炎鎮痛薬、筋弛緩薬が用いられ、また、神経の修復を助けるために神経賦活薬や末梢循環改善薬などを服用します。

また、患部を温めることで末梢の血液循環がよくなり疼痛が改善することから、理学療法では、温熱療法が用いられます。

以上の方法で改善がみられない時、神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロック注射をします。
このブロック注射の初回は治療の目的と、他に現在の痛みが確かに腰の神経が圧迫されて生じているものかどうかという診断的な意味で用いられることもあります。

これはブロック注射によって痛みがなくなれば、腰痛の原因が神経に由来するものであると確定できます。
しかしながら、痛みが解消されないとなると、痛みの原因が脊椎や神経の問題ではなく、他に何か重篤な病気が潜んでいるとも考えられるのです。

以上の保存治療で腰椎分離症の症状が改善しない場合、手術が検討されます。
腰椎分離症の手術では、分離部の固定術が行われます。

一方、腰椎すべり症では、すべっている椎間の固定術が行われるのが通例です。この固定術とは、骨盤などから自分の骨を移植する場合、人工骨を用いる場合があり、症例によって、固定の補助として金属製の器具を使う場合もまれに見られます。