腰椎分離症とすべり症では微妙に違う点も多い

腰椎分離症とすべり症では微妙に違う点も多い

腰椎分離症と間違われやすい症状としてすべり症があります。このすべり症、名前だけではどのような症状がわからないかもしれませんが腰椎が滑ってしまうことで神経を圧迫してしまうことになります。骨折はしていないが大きな衝撃で脊椎がずれてしまうというのが腰椎分離症になると言えるでしょう。しっかりとした治療をすることで改善していくことができます。

また腰椎分離症から腰椎がずれていってしまい、すべり症のような症状を同時に出していくこともあると言えるでしょう。このような面から見ていくと、腰椎分離症とすべり症は似ている点も非常に多くあるということになります。全く関心がないと、腰椎分離症と何も変らないと考えてしまう場合も多く、そのような意味では少し注意が必要な症状ということができるかもしれません。症状自体にも注意が必要と言えるでしょう。

腰椎がずれるだけというと何だかあまり大きな症状が生まれてこないような気がしますが、筋肉の面で見ていくとすべり症の症状を掴みやすくなっていきます。すべり症では脊柱の歪みのように見えることもあり、大きく筋肉に負担をかけてしまうものです。というのも、脊柱が滑っていることによって本来脊柱を固定している筋肉が余計に働かなくてはいけないことになります。また滑っているので当然左右前後対象に力が加わることはなく、支える時の力の大きさにもムラが出てきてしまうことになると言えるでしょう。

当然もともと体を鍛えている人であればある程度耐えることができることになりますが、それでもずっと筋肉に負担がかかっていればそれは痛みとして出てくることになります。すべり症での痛みなどの症状は神経的なものも考えることができますが、筋肉的なものも大きく影響していることになると言えます。

当然痺れなどの症状として出てくることもあり、はじめあった小さな違和感がだんだんと大きくなることもあると言えるでしょう。腰椎分離症と似ている部分があることになりますが、すべり症の特徴のようなものもあるので、そこは区別して考えておく必要があると言えます。腰椎すべり症もほかの腰痛と関係の深い症状と言ってしまうこともできます。違和感を覚えた時や、なんだかいつもと違うと感じた時から始まっていく事も多いのでじわじわと症状が進行すると考える事もできます。自分の腰がどのような状態か、腰椎がどのような状態かを把握することは難しいですが、しっかりと把握するだけの価値はあると言えるでしょう。