腰椎すべり症とぎっくり腰の違い

腰椎すべり症とぎっくり腰の違い

魔女の一撃と呼ばれるぎっくり腰と、腰椎すべり症は深い関係にあり、メカニズムに関しては「ほぼ同一」と考えていいものです。

腰椎すべり症の場合は、腰椎が前方にすべりだすのですが、これは瞬間的に滑り出すのではなく、長い間の生活習慣や加齢などによって徐々にすべりだしていくものです。
よって高齢者に多い疾患となっています。

これに対して、ぎっくり腰では、腰椎のすべりが一瞬にして起こるもので、つまり、腰椎すべり症とぎっくり腰の違いは、すべりが一瞬にして起こるかそうでないかの違いです。

ぎっくり腰の場合、腰椎がすべり出す時に、周りの筋肉が気配を察知して、やはり瞬間的にすべりを防ぐ反応をします。
つまり、筋肉は腰椎がすべらないように瞬間的に引き締めにかかり、結果的にぎっくり腰になったとしても、この筋肉の反応のおかげで、まだぎっくり腰程度で済んでいたとも言えます。

この瞬間的に引き締めるために大きなパワーを使ったため筋肉は大きな負荷を負い、当然ながら傷害を受けてしまいます。
ぎっくり腰を起こすと腰に激しい痛みが発生するのは、このためです。

腰が痛くて整形外科等で診断してもらった時に、急激な激しい痛みの場合は「ぎっくり腰」と診断され、慢性的な痛みの場合は「腰椎すべり症」と診断されるケースが非常に多くなっています。

いずれにしても、ぎっくり腰と腰椎すべり症では、痛みの程度や痛み方などの違いはありますが、腰椎が動くメカニズムは同じです。