腰椎分離症と足の痺れ

腰椎分離症と足の痺れ

腰椎分離症は一般的に症状が出にくいとされているものです。筋肉などによって支えられることで、脊柱のズレが矯正されていることが多いというのも影響していることでしょう。しかし症状が出てくる事もあります。それは継続的な症状ではなく一時的な症状になることもあります。例としては、何かの動作をする瞬間であったり、寝ているときだけ痛みが出てくるというものです。このような時は腰椎分離症になっている可能性が高く、しっかりと診断を受けてみることをオススメします。

一時的になるので、起き上がったり休んでいると痛みが引いていくことも多く、簡単に動けるようになることも多いです。こうなってくると痛みは気のせいだと思ってしまったり、あるいは疲れていたと感じるようになる場合もあります。痛みの中にはあまり気にならない奥深くにあるような痛みになる場合もあるでしょう。激痛とはまた違う痛みになってくるので緊急性があるとはあまり思えない時もあります。

一時的な痛みはあまり感じることがないからこそ一時的な痛みというように扱われますが、非常に重要な信号になっていることもあります。常に筋肉で支えられていたものが休んだり寝たりすることによって支えがなくなり、ずれていってしまうことも当然あるでしょう。それによって痛みが出てくる事もあります。

自分でコントロールできるものではないので、痛みを感じた時にはその時の状況を詳しく分析して医師に相談をした方が良いと言えます。その後のことを考えると症状を悪化させる可能性を低めることができるというのは大きなプラス要素になっていくでしょう。そのままほっておいても腰椎分離症の場合大きな痛みにならないこともあります。しかし不安な要素を体に抱えているよりは全てを治療してしまったほうが体にかけるストレスも小さなものにしていくことができます。足の痺れなどを一時的に感じてしまう時は意外と日常生活の中であると言えます。その痺れが本当に一時的なものなのか、それとも頻繁に起こるものなのかはチェックしておく必要があるかもしれません。

そうしないとなかなか症状に気付くことは難しくなり、自分でしっかりとした症状の把握ができなくなってしまうこともあるでしょう。自分で気付けるとういのは非常に大切なことであり、それがきっかけでしっかりとした治療を受けることができるようになることも多くあります。楽観視しすぎることもしすぎないこともストレスを溜める原因になるので、症状の把握はなかなか難しいですが、意識をしておくことに損はありません。