腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の症状

加齢が原因で起こる腰椎変性すべり症も、腰椎分離が原因で起こる分離すべり症も、症状は同じです。

【腰痛】

長時間にわたって立ち仕事や同じ姿勢を続けていると、腰痛に見舞われます。
体を後ろにそらすと痛みが強くなり、この症状がすべり症において最も顕著なものです。

【体が重い、筋肉疲労】

腰椎がすべりを起こすと、人間に備わっている背骨の生理湾曲が崩れます。
そうすると脊椎が不安定な状態になり、骨盤が歪み姿勢も悪くなってしまいます。

左右の筋肉のバランスが崩れてしまうため、バランスを取り戻そうとして常に無理な姿勢をしてしまい、一部の筋肉に過負荷がかかり筋疲労が起こります。

【坐骨神経痛】

中高年に多い坐骨神経痛の症状のほとんどは、腰椎すべり症から発生したものだといわれています。

この症状の原因は腰にあるのですが、坐骨神経は腰から下肢に伸びているため、実際に痛みや痺れが生じるのはお尻から大腿部のあたりにかけてとなります。
痛みのあるところにマッサージなどをしてもあまり意味がないという事になります。

【脊柱管狭窄症】

すべり症の症状の中でも深刻なのが脊柱管狭窄症です。

すべりが生じている状態が長期間放置され慢性化すると、背骨の一部が前方に突き出した形になってしまい、脊髄中枢神経の通り道である脊椎管にせり出すようになってしまいます。

その結果、体を動かしたとき、特に背筋を伸ばす、背中を反らすという動きをしたときに頻繁に脊椎管が圧迫されるようになり、痛みが生じてきます。

すべり症を放置していると脊柱管狭窄症に発展してしまい、その状態を放置すると、手術をしても完全に良くならない場合があります。

できれば、腰椎分離症の段階で治療をして、脊柱管狭窄症に繋がらないようにしたいものです。