腰椎分離症とサッカーの関係

腰椎分離症とサッカーの関係

サッカー経験者の人の中で腰椎分離症を知らぬ間に抱えているということはあります。サッカーは多くの運動量があると同時に、接触なども激しいものがあるでしょう。また転倒する事も多くある競技になります。そのため腰椎分離症になってしまう可能性はそれなりに高くあり、練習などによって疲労骨折をしてしまうこともあると言えます。サッカーの場合で腰椎分離症になってしまった時は当然運動をしばらく行なわないことが重要になります。これは若い人であればあるほど大切なことになってきます。

腰椎分離症は若い年齢であればしっかりと完治することがあります。しかしこれはしっかりと安静にする時期があってはじめていえることであり、しっかりと安静にして休んでいくことができないと、骨の骨折が治ることが期待できなくなってしまう場合もあります。そのため若い頃の腰椎分離骨折は非常に慎重に状態を観察していく必要があると言えるでしょう。

腰椎分離骨折は数ヶ月の時間を要してきます。この期間中にしっかりと骨をくっつけていくことになります。当然このようなことになると運動はできなくなり、しばらく走る事も難しくなる場合もあるでしょう。ただ、医者にしっかりと診て貰う事ができれば、しっかりと状態を日々観察していくことになるので、ある程度治ったときには少しずつ運動をしても良いという許可が下りる事もあると言えます。これを素人判断でしまうと当然長期的な治療が再度必要になるものですが、医師から運動をしても良いという言葉が出た時はある程度の運動をすることができる場合が多いです。それでもどのくらい運動をして良いのかを確かめておく必要があるでしょう。許可されている以上の運動を行なってしまった時にはどのようなことが起こるかはわからない部分があります。

子どもの場合動かないということが非常に難しい場合もあると言えるでしょう。動かないで何かをしているということはなかなか難しいものです。子どもの管理は親がしっかりと行なっておく必要があります。子どもに骨の重要さや骨折をしている部分を説明してもいまいちよく理解してくれないこともあります。そうなれば当然別の方法で、運動を抑制する事も必要になるでしょう。

親が管理することができないと腰椎分離骨折が再度症状として出てきてしまう確率は上がっていくことになります。気をつけておきたいところでしょう。しっかりと準備運動をして予防してもらうことも必要です。