腰椎分離症などと関連が深い好発部位

腰椎分離症などと関連が深い好発部位

腰椎分離症などと関連が深い部分として第4腰椎があります。この第4腰椎が滑っていくことによって、すべり症になってしまうことなどもあり、非常に症状として出やすい部分になっていくことでしょう。すべり症と腰椎分離症は大きな関連性を持っている事も多く、症状としても似たような要素を持つことがあります。第4腰椎は特にすべり症が発症しやすい部分であり、この部分に異常が起こってしまうことで脊柱管狭窄症のような症状を抱えてしまうこともあります。そのため決して無視することはできない部位になっていくことでしょう。腰椎全体に大きなリスクがもとからあることになりますが。この第4腰椎のように特に危ない部分や注意すべき部分があることは確かと言えるでしょう。

またこのような部分は負担が大きくなりやすいということも関係していることが多くのほかの腰痛にも深く関わっていることが多いです。そのためしっかりとした治療をしていくことが望まれます。

この第4腰椎と同じように多くの腰痛に関係している部分として第5腰椎もあります。この部分もかなり重要な部分であり、この第5腰椎の場合は腰椎分離症とそしてすべり症が発症しやすい部分になっていると言えるでしょう。この腰椎の部分において症状を抱えてしまうことが多くなります。腰椎分離症としては子どもの時に多く診られる症状になりますが、この第5腰椎も深く関係していることになります。

5腰椎も第4腰椎と同じように負担がかかりやすい部分となるので、普通の生活をしていても他の骨に比べて大きな負担がかかっていると考える事もできます。そこに加えて大きな衝撃や、運動が加わることでよりリスクが高くなってしまっているということになるでしょう。人体の中にはこのようなより負担がかかりやすい部分が何箇所もあります。当然そのようなところは怪我がしやすく、治療も大変になることが多いです。そのため運動をする時には十分なストレッチを行い体全体で衝撃や運動を吸収することが必要になると言えるでしょう。

それができなくなってしまうと、当然体にかかる負担のバランスが悪くなってしまい大きな負担がかかる部分とそうでない部分が分かれてしまうことになると言えるでしょう。しっかりとそのあたりを意識して運動をしていく必要があります。治療を進めるのも難しくなるので、長期の療養が必要になるのも特徴的なものだと言えるでしょう。