スポーツ障害、腰椎分離症

スポーツ障害、腰椎分離症

背骨は身体を支える上での重要性は勿論ですが、歩く、走る、飛び上がる、などの着地時の衝撃を緩和するという重要な役割も担っています。
その為、腰椎分離症を起こすと背骨の持つ機能は大幅に低下してしまいます。

【スポーツ障害、腰椎分離症】

腰椎分離症は、激しい運動の繰り返しによって、腰椎(腰の部分の脊椎)の脆弱な部位が断裂することによって発生する病気です。
スポーツ障害としても発生することが多く、アスリートを悩ませています。

【原因】

腰椎分離症は、スポーツ障害以外では、老化による骨の変性が原因となって起こるものもあります。

スポーツ障害としての腰椎分離症では、特定の部位に大きな負荷が繰り返しかかることによって起こる「疲労骨折」が原因となって発症しています。
疲労骨折は、骨折の一種で運動後のクールダウンが不十分であると発症しやすくなります。

腰椎分離症は、スポーツを行う小学校低学年から高学年までの年代に集中して起こっていますが、場合によっては中学・高校生の年代でも発症していることがあります。

【症状】

背骨は、生まれつき備わっている自然湾曲というS字状の構造があり、上半身の重さと着地した時の地面からの衝撃を分散・吸収する仕組みを持っています。

しかし、腰椎分離症を発症しているとこの重要な脊椎の機能が充分に働かなくなります。
その為、正常時ではかからない負荷が色々な部位にかかってくるようになり、常に腰痛や背中の痛みが起こりやすくなります。

また、上体を反らすという行為が困難になるというのも特徴で、体操やテニスなど、上体を反らす動きがあるスポーツ選手には厄介な疾患と云えます。

場合によっては腰椎分離した部位から前に滑り出す「腰椎すべり症」に発展してしまいます。
腰椎すべり症は、滑り出した腰椎が神経を圧迫して下半身の痺れや運動障害に繋がる恐れがあります。

腰椎分離症は、神経の圧迫による運動能力の低下や腰痛などの症状が原因で起こる、スポーツ行動への支障が大きな問題となり、早期の治療が必要と言えます。

【腰椎分離症の予防と治療】

スポーツが原因の腰椎分離症は、繰り返しの負担によって起こる事が多く、それを避けるためには休息日を挟んだ練習のスケジュールを実行することが最善の予防策となります。

特に腰椎分離症を起こしやすい年齢である小学校低学年から高学年に掛けての時期は、身体も骨格も成長期に当たる為充分な休息を取ることが必要です。

腰椎分離症の治療では、運動を中止してコルセットの装着による保存療法が主流です。
保存療法が適用できない状態の場合は、外科手術による脊柱固定術が行なわれますが、極めて稀です。