椎骨と腰椎分離症

椎骨と腰椎分離症

脊椎とは、おおよそ背骨のことをいい、多くの椎骨が椎間板というクッションをはさんで、首からお尻までつながったものです。

腰椎は脊椎の下部、つまり腰部にある5個の椎骨をいいます。
上は 胸椎、下は仙椎に続いていて、全般に下位にゆくほど大形となっています。

個々の椎骨は前部の円柱形の椎体と後部の椎弓とから成り、隣接する椎骨に椎体部で椎間板を介して連結しています。
椎体と椎弓の間には椎弓根があります。

椎骨をつないでいるものには、椎間板以外に、脊椎を縦に貫く前縦靭帯と後縦靭帯、椎間関節、筋肉などがあります。

椎骨の空洞部分を脊髄などの神経が通っていて、脊髄は腰椎の部分まで来るとその構造が変わり、馬尾と呼ばれます。

椎骨の馬尾がとおる部分を椎孔といい、それが並んでトンネル状になっているのを脊柱管と呼びます。
馬尾から枝分かれした神経根は、それぞれの椎骨の間の椎間孔と呼ばれる部分を通って、身体各部へとつながっていきます。

「腰椎分離症」は、椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態をいいます。

「分離すべり症」とは分離症のために、後方部分の支持性がなくなり椎体が前方にずれていくことをいいます。
すべり症は脊椎同士がずれた状態の事をいうのですが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」いいます。

「腰椎分離症」は先天的な原因で起こる場合もありますが、多くの場合で子供の頃に過激なスポーツをすることによる疲労骨折であると考えられています。

また、高齢者の場合、椎間板の変性が原因となる場合があります。
椎間板は年を重ねるにつれて、水分や弾力性がなくなっていき、衝撃に耐える力も弱まります。

脆弱になった椎間板は腰椎をしっかりとガードする事が出来なくなり、かかる重みや衝撃に耐えられなくなり、いつの間にか疲労骨折を起こしてしまうのです。
これが「老人性変性腰椎分離症・すべり症」です。

対策の一つとして、コルセットの装着をします。

コルセットをつけるだけで、痛みがかなり楽になるのですが、「老人性変性腰椎分離症・すべり症」の場合、「若年性腰椎分離症・すべり症」のように、コルセットをつけてしばらく安静にしておけば治る、というわけにはいかないようです。

若い時は、疲労骨折しても早めに処置をすれば、骨癒合が可能です。
しかし、「老人性変性腰椎分離症・すべり症」になると、コルセットで固定しても、骨癒合は殆ど不可能になるようです。

病院では、医療レーザーを当てることで痛みを和らげ、回復を早めることができます。

また、自宅でできるものとしては、体操がおすすめです。
身体を丸めるようにする体操が効果的ですが、専門家の指導に従って行う事をお勧めします。

普段の生活では、なるべく腰が反り過ぎるような行動は行わず、身体の重心をできるだけ前側にかけるように、心がけてみてください。痛みの緩和につながります。