腰椎分離症と水泳の関係

腰椎分離症と水泳の関係

水泳は体を鍛えるのに非常に良い運動であり、それだけでなく、体に与える負担は非常に小さいものになっていきます。そのため非常に良い運動として知られています。腰痛餅の人も水泳であれば問題なく行えることが多くあり、腰痛の改善に利用されることもあります。腰痛にとって水泳というのは非常に良い対策になっていると言われています。

しかしそんな水泳が大きな腰痛につながってしまうこともあります。腰椎分離症になってしまうことも決して珍しくありません。その理由としては体を大きく動かす動きをするからと言えます。通常腰痛予防のための水泳の動きというのは腰を大きく動かすことがあっても、ゆっくりであったり、あるいは腰を動かすこと事態が少ないということが多いです。

しかし水泳で腰痛を持ってしまう場合には腰を大きく素早く動かす動きを取り入れていたりします。例としてはバタフライなどがもっともわかりやすい例になるでしょう。このような動きが多くなると例え水泳であっても体を痛めてしまうことは多くなり、腰椎分離症を抱えてしまうことは多くなります。

水泳の動きというのはクセになってしまうことも多くなり、そのクセによって腰痛が慢性化してしまうこともあります。正しい形でしっかりとした動きをすることができないようになるとさらに腰痛は悪化してしってしまい、非常に良くない状態になってしまうと言えます。部活などで水泳を行なっていて腰椎分離症になってしまう人もいます。

休憩をしっかり取る事も必要ですが、正しいフォームでそして無理のない力使いを覚えていく必要があると言えるでしょう。体を守っていくにはそれが一番ということになります。

水泳をしていく中で体の筋肉や腕や足の筋肉をつけていくことはできるのですが、バランスが崩れてしまうと、その筋肉のせいで腰痛が出てきてしまうこともあります。バランスよく鍛えていくことをしっかりと意識することが腰椎分離症の予防にもつながっていくし、水泳を行なうものとしてもベストな体型になっていくと言えるでしょう。

夢中になってしまうと、つい無理をしてしまいがちですが、そうなってしまう前に適度に休憩をして、体の調子を整えておくことが肝心なことになります。これが出来るようになって、いくと無理なく水泳を楽しんでいけるでしょう。体を壊してしまってはそれまでの努力が有効に生かせないことになってしまうこともあります。そうでなくても悔しい思いをすることもあるでしょう。