腰椎すべり症の種類や概要

腰椎すべり症の種類や概要

腰椎を支える「筋肉」「靭帯」「椎間板」等の組織が、加齢や歪んだ生活習慣によってその「柔軟性」「強度」などを徐々に失っていき、しだいに腰椎が「主に前方へと」滑っていってしまう現象です。

腰椎すべり症は、骨がすべる方向によって後方すべりと前方すべりに分かれますが、すべり症のほとんどは前方すべりです。

【腰椎すべり症の種類】

「形成不全性すべり症」

先天的に脊椎の発育に問題があり、後年腰椎すべり症を発症するというものです。
比較的若い方に多く見られる腰椎すべり症ですが、あまり症例はなく、かなり稀なケースといえます。

「腰椎分離すべり症」

腰椎分離症が原因となるすべり症です。
腰椎の椎間板のついている前方部分を椎体、後方の椎間関節のついている部分を椎弓と呼びます。
椎体と椎弓の間には椎弓根があり、椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい(疲労骨折)、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。

この分離が、癒合しないまま年月が経過して、腰椎が不安定のままで椎体にすべりが出ることを腰椎分離すべり症といいます。                                                                                               

「腰椎変性すべり症」

椎弓の上下関節突起部分の断裂(分離症ではない)はみられず、椎間板の変性や椎間関節の変性に関連して起こる疾患です。第4腰椎と第5腰椎の間に起こりやすいとされています。
すべり症のなかでは症例数がいちばん多く、手術に至る例が多いのも変性すべり症です。

女性の場合では、閉経後に骨密度が低下することがすべり症の発症原因となることもあるといわれていて、中年以降の女性に多くみられるものです。

腰椎変性すべり症は、すべり症の中では手術に至るケースが最も多い多いのですが、殆どのすべり症の場合で、手術は行わず他の腰痛症と同じく、保存療法によって症状の改善を目指します。

保存療法で軽快した後は、調子が良くない時だけ通院しているという方が多いようです。。
ただし、すべりの度合いによっては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症につながる場合もありますので、良くなったからといって、以前と変わらない生活習慣では再発の可能性も大いにあります。

軽快後も腰へ負担がかからないに配慮し、姿勢をはじめとする生活習慣の改善に気をつけなければなりません。

しかし、変性すべり症の場合、馬尾神経を圧迫していることがあり、排泄障害や歩行障害などの神経症状を起こしている場合があります。
このようなケースのすべり症では、神経圧迫の除圧をするために手術を選択しなければならなくなります。

このように腰椎すべり症は、原因や他の疾患との関連性など、色々な角度から注意深く診断して、治療方法を検討しなければならない腰痛症です。
中年以降、些細なことでも異常を感じたら、早めに整形外科で検査を受けることが肝要です。