ストレッチ運動は治療や再発予防に有効

ストレッチ運動は治療や再発予防に有効

腰椎分離症の診断を受け、痛みなどの自覚症状がある場合は、まずは安静にして痛みが緩和するのを待つのが大切です。

次に、一定の安静期間後に疼痛が軽減したら体幹のストレッチング、腹背筋訓練など基本的運動を開始します。

また、日課としてウォーキングのような軽い運動を毎日欠かさず続けることでも、腰椎分離症の治療法としての効果はあります。

特に腰回りの筋肉を鍛えて、自前のコルセットになるようにする事が理想です。
そうすればコルセットをつける必要もなくなり、安定した動作を毎日続けることができるようになります。

しかしオーバーワークになって、疲れが貯まってしまうようでは、腰椎分離症の方には逆効果となりますので注意しましょう。

固くなったままの筋肉をそのまま放置すれば痛みも出る場合が多く、腰痛を始めとして、様々な病気の元になってしまいます。

ストレッチ運動をすることで、体の筋肉を伸ばしたりほぐしたりすることができ、腰椎分離症の予防効果もあります。

腰に問題を抱えていない方でもストレッチを日課にされている方は多いと思います。
ストレッチは万能の運動といえるかもしれません。

水泳などの運動に比べてもそれほど疲れは残りませんし、いつでも始められるメリットがあります。

ストレッチといっても、実はうつぶせに寝るだけでも初期のストレッチとしては効果があるといわれています。
ただし、痛みが酷くてうつぶせに寝ることもできない場合には、無理は禁物です。

様々なストレッチ方法がありますが、独断で間違ったストレッチをすると、腰椎分離症を再発させるだけでなく、他の筋肉や骨格に異常をきたすことになりかねません。
医師、理学療法士など専門家の指導を受け、きちんとしたストレッチを行うようにして下さい。

またストレッチと併用できるのが筋肉トレーニングです。
腰椎分離症になりますと、脊椎の安定感が失われ、骨格や筋肉に異常な負担がかかるようになりますので、その防止策としても効果的です。

長時間のデスクワークの合間の背伸びといった事も、上半身の腰まわりまでの筋肉の収縮による硬直を避けるためのもので、予防効果はありますので積極的に取り入れて下さい。

とにかく、無理は禁物ですので、痛みを感じたらすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。