老人性変性腰椎分離症

老人性変性腰椎分離症

腰椎分離症・すべり症は、激しいスポーツをしている小・中・高生に多くみられる疾患です。
しかし、中高年以降の方も、加齢によって骨が変性することで起こる「老人性変性腰椎分離症・すべり症」になる事も多々あります。

「老人性変性腰椎分離症・すべり症」は、中年以降の、特に女性に多い腰痛で、特に若い頃に激しいスポーツをやっていた人に起こりやすい傾向があるようです。

痛みの特徴は、若いかたの分離症と同じで、腰椎や臀部が痛みます。
特に、朝起きてすぐや、また、身体が少し疲労気味の時にはため、動くと痛みが出現してきます。

痛みの原因は、若年性腰椎分離症と同じで腰椎の疲労骨折です。
椎骨と椎骨の間には椎間板が存在し、背骨全体を守るクッションのような働きをしています。

背骨のクッションである椎間板は、20歳を過ぎた頃から老化が始まり、年を重ねるにつれて、水分や弾力性がなくなっていきます。

そうなると、もうこれまでのようにクッションの役割が果たせなくなり、腰椎に大きな衝撃や重みがかかってきます。椎骨はその衝撃に耐えられなくなり、いつの間にか疲労骨折を起こしてしまいます。

つまり、これが「老人性変性腰椎分離症」なのです。
コルセットの装着で痛みはかなり軽減されます。

しかし、若い人の腰椎分離症は、コルセットをつけてしばらく安静にしておけば、骨癒合が起きて分離部は元に戻る場合が殆どなのですが、老人性変性腰椎分離症の場合は、コルセットで固定しても、骨癒合は期待できないと思った方がいいでしょう。

老人性変性腰椎分離症の場合、病院では医療レーザーを当てることで痛みを和らげ、
回復を早めるという治療法を行います。

また、自宅でできるものとしては、身体を丸めるようにする体操が効果的です。
そして日常生活における留意点は、腰の反り過ぎに注意し、身体の重心をできるだけ前側にかけるようすることなどです。