腰椎分離症・すべり症

腰椎分離症・すべり症

腰椎の骨の一部が分離している状態で、S字湾曲が乱れると脊椎が不安定になり、神経を刺激して腰痛を引き起こします。
これが「腰椎分離症」です。腰椎分離症はレントゲンなどで確認できます。

 また、背骨の一部である椎骨が主に前方へずれてしまった状態を「腰椎すべり症」と言いますが、腰椎の分離により下の腰椎がすぐ上の腰椎を支えることができなくなり、ずれが生じたものを「腰椎分離すべり症」といいます。

 また、「腰椎変性すべり症」は、加齢や栄養不足などによって、椎間関節の形や椎間板の変性を生じ、上の腰椎を支えきれなくなってしまい、ずれが生じてしまったものをいいます。高齢者に多いすべり症です。

どちらの場合も最も多い症状は腰痛で、スポーツのあとや長時間立っていたり座っていたりした後、また背中をそらしたときにも腰や足に痛みを感じ、下肢にも痛みやしびれが出ることもあります。

腰椎の分離が起こった時の症状は様々で、通常は痛みがあるものですが、まったく無症状で過ごしている人もいます。
人によっては上体を後ろに反らした際に激痛が走り、ただ立っているだけでも辛くなるような痛みがあるそうです。

痛みのない人は分離が起こっていることさえ気づかない事も多々あり、後年になってレントゲンを撮る機会があって、偶然に発見するという事も珍しくないようです。

すべり症の最も多い症状は腰痛で、長時間の立ち仕事や、同じ姿勢が続くデスクワーク、重労働のあとに鈍く重い痛みが強くなります。体を後ろに反らせると痛みが強くなります。
ずれが大きくなると、神経を圧迫し刺激することから、足のしびれなどが出てきます。

腰椎分離症は、先天的な要素もありますが稀で、多くは背骨の成長時期における、激しいスポーツの練習などで、脊椎に繰り返しの負荷がかかり、起こる「疲労骨折」だといわれています。

 腰椎すべり症の場合、悪化してくると腰部脊柱管狭窄症に発展し、間欠性跛行などの神経症状を呈するようになります。

腰椎分離症も腰椎すべり症も、X線検査ではっきりと診断ができます。

初期症状であれば、安静にしてコルセットを装着し動きを制限することで状況は改善されます。
また、痛みがキツイ場合には薬物療法で痛みを緩和し、血行を良くするための理学療法、、整体などでゆがみを整えるなどで、多くの場合は手術をしなくても日常の生活が送れるようになります。

再発予防対策としては、腰部周辺のの筋肉を鍛える運動や、栄養のバランスのとれた食事をとるなどして、きっちりとした日常生活を送ることが重要です。