成長期の腰椎分離症

成長期の腰椎分離症

高校生以下の発育期のスポーツ選手に、腰椎分離症が多いといわれています。
症状は、運動時の腰痛というかたちで始めに現れてくるようです。

運動時においては腰痛があるけれど、普段はなんともないといった程度なので、そのまま運動を続けていってしまうケースが多いのです。

バレーボールやテニスのように背中をそらす動作や、ゴルフのような腰のひねりの動作で腰痛が増すのが特徴で、しばしば前かがみも制限されます。

腰椎の後ろ半分は「椎弓」といってリング状の構造をしています。
そのリングの斜めの後方は細く脆弱な部位となっているのですが、背中をそらす動作やジャンプからの着地のような動作で、大きな負荷がかかります。
負荷が繰り返されると骨にひびが入ってきます。疲労骨折といわれるものです。

一番下の腰椎(第5腰椎)によくあらわれますが、すべての人が分離症になるわけではなく、体質的な要因も関係していることは確かです。

年齢が若く、分離症の初期の段階では、骨の疲労骨折は癒合が可能です。
まず原因となったスポーツ、運動を休止して安静を保つことが第一となりますが、加えてコルセットで患部を固定し力がかからないようにします。
ただし、骨折後、時間のたったものは、骨の癒合は期待できません。

痛みに対しては痛み止めを使用しますが、痛みがなくなれば筋肉の衰えを防ぐために、腹筋や背筋、大腿部の筋のストレッチングも行うようにします。

骨癒合の状況は、レントゲン検査やCT検査などで判断します。
6ヶ月程度で骨癒合すると考えられますが、もちろん、その間はスポーツ活動を休止します。
骨癒合の見込みのなくなった分離症は、強い痛みが治まり次第、腰痛をコントロールしながらスポーツに復帰することになりますが、必ず専門医の指示に従って下さい。

成長期にあり、特にスポーツをしている子供たちは、腰椎分離症になる可能性が非常に高いといえます。
子供たちが少しでも腰に痛みを感じたりするようならば、まず腰椎分離症を疑ってみることです。

何事もなくても、定期的にレントゲンをとってみることも必要かもしれません。