腰椎分離症とは

腰椎分離症とは

腰部は腰椎(骨)とそれを取り巻く筋肉などから形成されています。
骨についていえば腰椎骨が骨盤の中央にある仙骨の上に積木のように5個積み重なって
います。

仙骨と連なった腰椎はゆるやかなカーブを呈し、そのカーブが保たれることにより体を支える「腰」として正常な機能を果たすことができます。

腰椎の分離は腰椎の関節を構成している脆弱な部位が断裂してしまった状態をいいます。小・中学生あるいは高校生のころにハードなスポーツをすることなどが原因で、成長期の腰部に負荷がかかることにより起こる疲労骨折ではないかといわれています。

この分離症は仙骨と腰部のつなぎ目である第5腰椎に多く見られますが、理由はやはり腰椎骨の中でも一番負荷がかかる部位であるといえるからでしょう。

また、骨粗しょう症や老化による骨の劣化も原因となり、高齢者にも腰椎分離症は起こります。

腰椎分離症の主たる症状は腰を後ろへ反らせた時に感じる痛みで、また長時間立っている
場合でも腰が重く痛くなって、立っているのが辛くなるようです。

少しでも症状を感じれば早い段階で予防出来ますが、若い人は腰椎が分離していても無症状の場合もあり、そのままスポーツなどを続けて悪化することも多々ありますので
成長期のお子さんで運動を一生懸命やっている場合は特に要注意です。

スポーツを熱心にしているお子様がいらっしゃる場合は、例え子供が腰痛を訴えなくても定期的にレントゲンを撮る事をお勧めします。