骨癒合の為のコルセット装着

骨癒合の為のコルセット装着

腰椎分離症は、腰椎の後方にあり、椎弓と呼ばれる脆弱な骨が分離した状態のことで、一般的には成長期に激しいスポーツを行なっている児童や選手に多く見られます。

成長過程で、骨の成長がまだ発達段階の場合は、椎弓の先端にある骨端線(骨の成長を担う軟骨)が、運動時の負荷によって成長していなかったり、分離したまま骨化しているのです。

ただし成長期を過ぎた大人の分離症は、 骨が骨化したあとに亀裂が入る、疲労骨折の可能性も考えられます。

腰椎分離症は完全に分離していればレントゲン検査でも簡単に確認できます。
また検査の結果、椎弓が分離していても、全く痛みを感じないで、そのままスポーツを続けているケースも多くあるようです。

特にプロスポーツ選手には、たまたま検査をして腰椎分離症が認められたということが多く、腰痛によって競技から離脱せざるを得なかったという例が少ないという報告もあり、たとえ腰椎分離症と診断されても、競技を休止しなければならないとは限りません。

ただし成長過程にある子どもが腰椎分離症をおこしている場合は、骨折部が癒合するように治療をしておくことが必要です。
放置したままだと後年に分離症からすべり症に進行する確率が高くなってしまいます。

【コルセットの装着】

腰椎分離症の治療は、一定期間スポーツを休止し、痛みを緩和させるための薬を服用したり、また、患部を固定し、骨癒合を進める為に、コルセットを使用する場合があります。

分離症の固定療法で使用されるコルセットは、オーダーメイドのものが多く、金額も数万円と高額になります。

医療用装具としてのコルセットに関しては、保険が適用されるのですが、一旦コルセット代金全額を自費で支払わなければなりません。
つまり保険適用分のお金はあとから戻ってくるという流れになっているのです。

高額なものなので、装具販売業者との話し合いで分割して支払うことも可能なようですから、事前に確認しておくと安心かと思います。

【コルセット着脱後の注意点】

分離症のコルセットは背筋や腹筋をフォローする設計になっていて、長期間装着していても筋力が極端に落ちないような仕様になっています。
しかし、やはり、実際長くコルセットをつけたままでは、筋肉が痩せて、腰椎を守る筋力が弱くなってしまう事は否めません。

固定療法の期間が終了後は、筋力強化を図っていく必要があります。
ただし、筋力が低下した腰でいきなり無理な運動を行うと、再び腰痛を悪化させてしまうことになりますので、コルセットを外してスポーツ復帰する時点で、医師や指導者の指示に従ってください。