腰椎すべり症によって引き起こされる、症状や疾患

腰椎すべり症によって引き起こされる、症状や疾患

腰椎すべり症が原因となって、様々な症状や疾患に繋がります。

【坐骨神経痛】

腰椎すべり症は坐骨神経痛を発症しやすい疾患です。
中高年の方の「坐骨神経痛」の多くは慢性的なすべり症が原因となっています。

腰椎すべり症は、椎骨が前方へと滑っていき、脊椎から伸びる坐骨神経を圧迫してしまう事によって坐骨神経痛を起こすと考えられています。

坐骨神経痛は、「痛みがあるのはお尻から下肢にかけてなのに、痛い部位に治療を施しても何ら改善がみられない」という場合は、実はその痛みの原因は「腰椎すべり症」であることが多いのです。

治療法としては、カイロプラクティックなどで矯正する方法などがあります。
しかし、先ずは「腰椎すべり症」が起こる原因となる筋肉や靭帯、椎間板の弱体化を阻止し、強化していかなければなりません。

食生活や姿勢の改善を心掛け、日常生活に筋力アップの為の運動を取り入れて下さい。

【脊柱管狭窄症】

慢性的な「腰椎すべり症」で最も気をつけなければならないのが「脊柱管狭窄症」です。
「腰椎すべり症」から、「脊柱管狭窄症」に発展してしまう事があり、特に中高年の女性に多いようです。

慢性化したすべり症では、背骨の一部が「前方突出」の状態となってしまい、脊髄中枢神経の通り道である「脊柱管」が狭くなってしまいます。

その為に、身体の動きの中で脊髄中枢神経が障害を受けることになり、神経痛が起こりやすくなってしまうのです。

前方への滑りによる脊柱管狭窄症は、主に背中を伸ばす、反るという動作をした際に特に神経圧迫が起こりやすくなります。

背筋を真っ直ぐ伸ばそうとした時に「ビリビリッ!」という痛み感じた場合は脊柱管狭窄症が起こっている可能性があるのでご注意下さい。

「脊柱管狭窄症」は重篤になると、排泄障害や歩行障害を招き手術が必要となる事が多いため、早い段階での治療が重要です。

慢性の「腰椎すべり症」自体はぎっくり腰のような激痛があるわけでもないので、つい見過ごされてしまいます。

しかし、すべりが起きていると、人間に本来備わっている脊椎の緩やかなカーブ(生理湾曲)が崩れることになり、身体のバランスが悪くなってしまいます。

これは多くの障害に繋がっていきますので、鈍痛のような腰痛が続く場合には、早めに専門医の診断を受ける必要があります。