妊娠中の腰椎分離症の患者さんが注意する事

妊娠中の腰椎分離症の患者さんが注意する事

腰椎分離症の患者さんが妊娠をした場合、胎児には全く問題はないのですが、出産の際は腰椎にかなりの負担がかかりますので、腰の痛みが強くなることが考えられます。

また、お腹が大きくなれば、コルセットをつけることはできませんし、痛み止めなどを飲むことも出来ません。

妊婦の方は腰椎分離症や椎間板ヘルニアを発症している方は意外に多く、この場合痛みを取るためにブロック注射をしている方も多くいます。

妊娠中に注射・・・と聞くとなんだか恐ろしい気がしてしまいますが、症状によっては、薬を飲む治療より、安全と考えられます。

薬を飲むという事は、薬が血流にのって全身にまわり、薬の影響を与える可能性があるという事です。

一方、ブロック注射では、痛みの部位に極少量の薬を注射するので、全身への影響を最小限に抑えることができます。

胎児が大きくなるにつれ、腰の痛みが増大しますので、痛みを我慢出来なくなると大変です。
治療は怠ることなく、医師との会話をしっかりと持ち、腰をケアすることが大事です。

また、最も注意が必要なのが分娩後です。
胎児を出産したことで、腰椎の状態が変化し、腰椎分離症の急激な悪化とぎっくり腰などの併発から、分娩後に急激な腰痛に襲われる方が多くいます。

酷い場合は、寝たきりの状態になってしまい、しばらく続いてしまう事もあります。
このような状態になってしまうとかなり大変で、赤ちゃんの面倒を見ることが出来なくなってしまう方もいます。

そうなってしまうと、腰痛回復後も筋力の衰えから日常の生活が満足にできなくなってしまいます。長期間のリハビリが必要となって、出産後もなかなか退院できない方もいらっしゃるようです。

このような問題に直面しないようにするためにも、妊娠中は症状が進行しないよう、適切な治療を受け、出来る限り腰のケアを怠らないことが大切です。

妊婦の方でも痛みが軽いときには、積極的に適度な運動をして下さい。
プールでの水中歩行などは、あまり負荷がかかることなく効果的に運動ができますのでお勧めです。

しかし、体重が重くなっていて、上手くバランスが取れない事が多いので、プールは浅めが良いようです。

妊婦中は、体重の増加によって、腰への負荷がだんだんと大きくなり、腰椎分離症の痛みは突然やってくる場合もあります。
栄養のバランスを考え、かつ栄養価の高い食品を増やしていって下さい。

妊婦さんは不安感が大きく、それだけでもストレスとなってしまいます。
経験者との対話は、今の自分の症状と照らし合わせ対応策を考えることが出来ますし、それによって気持ちも少し楽になるはずです。

妊婦さん自身の努力も大切ですが、周りの方の配慮が重要になってくると思います。