腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎分離症・腰椎すべり症

背中のお尻の上部、腰椎を触るとコツコツと出っ張った部位がありますが、そこは腰椎の椎弓という部位で、腰の骨のなかでは脆弱な部分といわれています。

その椎弓が、たび重なる負荷による疲労の蓄積が原因で、ひび割れをおこして分離してしまう障害を腰椎分離症といいます。

小学生から中高生といった成長期のスポーツ選手によく発生する障害です。

この腰椎分離症は、疲労骨折しているにも関わらず痛みがさほど出ない事があります。
これは椎弓部には強力な靭帯がかかっていて保護されているため、骨折しても静かにしていれば症状は出ないのです。

ただ、腰が重く鈍痛がある、または腰を捻ったときに痛いなどといった症状がでることがあり、そのような場合には分離の疑いがあります。

中高生以下の年代の成長期であれば、早期発見・早期治療で離れた骨が自然にくっつくことが殆どです。
治療は、スポーツを休止して安静にすることが一番で、場合によってはコルセットで固定をすることになります。

腰椎分離すべり症は、腰椎に分離があった時、後方からその椎骨附近に衝撃が加わり、その椎骨が前方へ動いてしまった状態のことをいいます。

この場合は、神経根が強く圧迫を受け、激痛を伴った症状が出ることがあります。
この段階で放置すると脊柱管狭窄症に発展することがあり、下半身麻痺など歩行困難を起こし、また排泄に障害が出ることがあります。

腰椎分離すべり症の場合も、コルセットで固定して安静を保つ治療が行われます。

又、骨折による分離はないものの、加齢による椎間板の衰え等により、腰椎がすべり腰痛と足の痺れといった症状を起こす腰椎変性すべり症もあります。
最中を触った時に、腰椎の一部がぽこんとへこんでいて、且つ腰痛がある場合は、腰椎変性すべり症の疑いがあります。

いずれにしても腰椎分離症、すべり症は散歩や水泳、ストレッチ等の適度な運動で腹筋・背筋を鍛えて、腹圧が落ちないようにすることが重要です。