腰椎すべり症の原因と、筋力強化の重要性

腰椎すべり症の原因と、筋力強化の重要性

腰椎には生まれつき備わっている自然な湾曲があります。
その前方への自然な湾曲は、上からかかってくる負荷を椎間板に伝えながら、腰椎を前方に移動させようとする力にも分散させています。

腰椎すべり症とは、腰椎を前方に移動させようとする力が通常より強まることで、椎体が前方にすべりだしている状態のことです。

椎体の前方移動の原因の一つには腰椎分離すべり症があります。
これは椎弓の疲労骨折による腰椎分離や、また腰椎の後方にある関節突起の分離が原因で椎骨が前方移動するものです。

他の原因としては、脊椎後方要素に分離はなく、椎間板の変性も含む椎体自体の変性によって椎体が前方移動してしまう変性すべり症、また先天的な腰椎の形成不全などが原因で起こる先天性すべり症があります。

また女性に多いのが、閉経後に骨密度が落ちて椎体が脆弱化するいわゆる骨粗しょう症が原因でおこるすべりです。

このうち、変性すべり症は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に発展する場合があり、医師が診断した際に腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症とされるケースもあります。 

その他、腫瘍によって骨が破壊されて生じるすべり症などがあり、一口に腰椎すべり症と言っても、その原因は様々です。

このように、すべりが生じた原因によっては腰痛症自体が異なってきますので、腰椎すべり症では、発症した原因を特定していくことが非常に重要と言えます。

このすべりの状態が認められても、すぐに痛みが出現するわけではなく、痛みやしびれが自覚された場合に、腰椎すべり症の治療の必要性がでてきます。

しかし、前述のようにすべり症が腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に繋がっていく事もありますので、レントゲンなどですべりが確認された場合には、積極的に腹筋・背筋の強化を行い、重症化を未然に防ぐことが重要です。