腰椎とは

腰椎とは

腰椎分離症とは、腰椎を構成している椎弓という部位が過度なストレスの積み重ねや、老化による変性などで骨折を起こしてしまうことをいいます。

腰椎は脊椎(背骨)の下部、腰の部分です。
脊椎は、多くの椎骨がクッションの役目を果たしている椎間板をはさんで、首からお尻までつながっています。

腰椎は胸椎と仙椎との間にある、つまり腰の部分の5個の椎骨のことをいいます。
椎体は上部の胸椎などに比べると厚く大形で、棘(きよく)突起も大きく、全般に下位にゆくほど大形となっています。

椎骨の空洞部分を椎孔といい、それが並んでトンネル状になっているのを脊柱管と呼び、中を脊髄神経が走っていますが、脊髄は第1と第2腰椎間で終わり、それから下は馬尾神経といわれる神経になっています。

これは、まさに馬の尾のように細くて小さな神経が束となっているもので、硬膜といわれる神経を入れる袋の中にあり、脊髄液に浮かんでいます。

馬尾神経から枝分かれした神経根はそれぞれの椎骨の間の椎間孔と呼ばれる部分をとおって、大腿神経や坐骨神経となり体の各部位へと繋がっています。

腰椎は通常5個の椎骨が椎間板をはさんで連なっていますが、人によっては異なる場合もあります。

椎骨をつないでいるものには、椎間板以外に、脊椎を縦に貫く前縦靭帯と後縦靭帯、椎間関節、筋肉などがあります。

腰椎分離症は、分離自体が神経を刺激するものではないので、分離によるおおきな痛みはない事が多く、つい見逃されてしまいます。

腰椎の分離が原因で、椎骨が前方に辷りだすことがあり、腰椎分離すべり症となるのですが、その場合には神経を刺激することがあり痛みの原因となります。

腰椎分離が起こっている場合でも、椎骨を繋いでいる椎間板の健全化、支えている靭帯や筋肉を強化してすべりが起こる事を未然に防ぐことができます。

急激に運動を行うと逆効果となります。
年齢にあった筋肉の強化方法がありますので、専門家の指導を受けながら適切な運動方法で筋肉や靭帯の強化を図って下さい。