野球で腰椎分離症に

野球で腰椎分離症に

野球は全身を使うスポーツです。当然走ったり、あるいは転倒などの動作も多く発生してきます。そのためどうしても怪我のリスクというのは高くなってくると言えるでしょう。

その中で、しっかりとした準備運動などをしてリスクを低めておくことは必要になります。

ですがどうしても予測できない怪我などが起こってしまう場合などもあり、腰椎分離症になってしまうことはあります。腰椎分離症になることによって、思い通りに体を動かすことができなくなってしまったり、あるいは、多くの痛みを感じながら運動をしていくということになる場合もあります。

腰椎分離症になってしまった時は、可能な運動を探すのではなく、体を思い切って休めて

いくことが必要になります。どうしても可能な動作で練習をしたくなってしまい、それがまた努力として褒められる事もありますが、そうではなくしっかりと体を休めて腰椎分離症の後遺症などが残らないようにしておく必要があります。