腰椎分離症で運動をあきらめてしまう場合も

腰椎分離症で運動をあきらめてしまう場合も

腰椎分離症には長い治療期間が付きものとなります。そのためそのような中でしっかりと治療をすることができることが必要になりますが、できない場合も決して少なくなく、途中で運動を開始してしまうこともあります。

というのも、やはり長い間運動をやめておくというのは練習についていけなくなるという不安を大きくすることにもつながり、どうしても体が動いてしまうことになると言えるのです。当然症状がしっかり治っていない間にそのようなことをしてしまうことのメリットはあまりなく、デメリットが大きくなってしまうこともあります。

ですが、長い間運動をしていないため、モチベーションが下がってしまい、それまで続けていたものをやめてしまうということも可能性としては十分にあります。

それもまたひとつの選択であるとは言えますが、なかなか精神的に良い方向に向けるには

難しい物がある場合も多いです。

モチベーションを保ち続けることができる要素を用意しておき、その時自分にできることは何かをしっかりと考える必要があるでしょう。