片側の分離症と両側の分離症

片側の分離症と両側の分離症

腰椎分離症とは、腰椎の関節突起間部が疲労骨折を起こして分離している状態をいいます。

これは身体を反らす、捻るなどの動作を反復して行うような競技を行っている若年層の選手や、身体を伸ばしきった状態時に、背後や側面からの接触プレーの際に発症しやすい障害です。

また、無理な筋トレを行なっていると、腰椎分離症となるリスクは高いようです。

骨折部位は左右片側どちらかの場合が殆どで、競技動作の反対側(つまり利き腕の反対側)に起こる事が多いとされています。(右利きの人は左側)

両側の骨折が認められる場合は、遺伝的な要素があり、先天的に腰椎分離症を起こしていることもあります。

腰椎分離症を抱えている選手は、「何となく腰がだるくて、鈍痛の痛みがあったが放置した」
という事が多く、分離に気づかない事が多いようです。

中高生以下の若年時に腰椎分離が発見できれば、安静にすることで分離部の癒合が可能となります。
痛みが無い場合でも、激しいスポーツを行なっている若年者は、定期的にレントゲンを撮ってみる必要があります。

腰椎すべり症とは、椎体の一部(または全体)がその下の椎体に対して前方にすべり出てしまっている状態をいいます。

これは両側の腰椎分離が関連していることが多く、先天的腰椎分離症が大きく関連するそうで、後天的な腰椎分離症が発症のきっかけになるのはあまりないという事です。

臀部痛を伴った片側の腰背部の痛みや、身体の伸展時に痛みを感じることがありますが、症状が現れない場合もあります。

腰椎すべり症がひどくなると、脊柱管狭窄症の原因ともなり、下肢の痛みやしびれなどを伴う場合があります。