腰椎すべり症と、腰部脊柱管狭窄症の関係

腰椎すべり症と、腰部脊柱管狭窄症の関係

腰椎分離症や腰椎すべり症で最も多い症状は「腰痛」です。
長時間の立ち仕事や同じ姿勢を続けての労働、身体に大きな負担となる重労働をした場合などに腰の痛みが強くなります。

その痛みは激痛というものではなく鈍くて重い痛みであり、体を後ろに反らせた場合に痛みがますます強くなります。

また、下肢に痛みやしびれなどの坐骨神経痛の症状が出ることもあります。
これは、すべりが酷くなった場合に、辷った椎体が脊柱管を狭窄して「腰部脊柱管狭窄症」を起こしていると考えられます。

その場合、さらに酷くなると「腰部脊柱管狭窄症」の特徴である、間欠性跛行が出ることもあります。

この腰部脊柱管狭窄症は、腰椎にある空間・脊柱管が狭くなる病態であり、脊柱管の中を通る神経が辷った椎体に圧迫されることによって、腰痛や坐骨神経痛などのさまざまな症状が現れます。

また、神経への圧迫が強いと、脊柱そのものが前方へ突出してしまうこともあり、脊柱管狭窄の原因となります。

脊柱管の中で神経が圧迫されると、背中を伸ばしたり、身体を後ろに反らした際に、ビリビリとしたしびれを感じるようになります。
こうなると脊柱管狭窄症の疑いが大きくなってきます。

腰椎すべり症が原因の脊柱管狭窄症を治療するには、脊柱管を圧迫している原因である腰椎を元の位置に移動させる等の治療が必要になります。

しかし、腰椎を元に戻すことは難しく、腰椎に関係する筋肉を鍛え、スベリが更に酷くならないようにしなければなりません。