腰椎分離症とスポーツ

腰椎分離症とスポーツ

腰椎分離症の原因として、骨が未発達状態の10代前半に激しいスポーツを行うことがあげられます。
激しいスポーツで腰椎に繰り返し負荷がかかり、椎骨の脆弱な部位である椎弓が疲労骨折を起こすものです。

実際、腰椎分離症は、体操や棒高跳び、テニス、ゴルフなどの体をそらしたりひねったりすることが多いスポーツ選手に、多い疾患といわれています。

激しいスポーツに起因した腰椎分離症は、症状は運動時に腰痛を訴える程度で、普段の生活では痛みをほとんど感じないのが特徴です。
しかも、運動時の腰痛も激痛というものではなく、我慢できる程度の腰痛なので、そのまま放置されることが多く、悪化してしまうケースも多いといわれます。

激しい運動をしている子どもが腰痛を訴えたら、腰椎分離症を疑い医師の診断を受けましょう。
レントゲン検査で分離があるか否かははっきりと判ります。

中学生以下の分離症の治療は、スポーツを中止して安静にし、コルセットを着用することで、殆どの場合骨癒合し、分離は治ります。

高校生以上の年代では、骨癒合が困難となるため、腰部周辺の腹筋・背筋の強化に努め、腰椎分離からすべり症に発展しないようにすることが大切です。

スポーツに復帰する時期は個人によりまちまちで、必ず医師の許可が出てから復帰するようにしなくてはなりません。

骨癒合が困難で、腰椎分離症が残っている場合のスポーツ復帰についても、医師とよく相談して、適切な処置をしてスポーツ復帰する事が必要です。