腰椎すべり症の治療法

腰椎すべり症の治療法

腰椎すべり症ばかりではなく、腰の障害を治療するには、いくつかの種類の治療法が考えられます。

どのような治療法があるのか一通り頭に入れておくと、医師の診断を受ける際も安心ですし、わかりやすいと思います。

【理学療法・生活改善指導法】

比較的軽度の場合、コルセットを着用します。
コルセットは長期間すると筋肉の弱体化につながりますので、使い方は医師の指導を受けるようにしましょう。

また、根本的に日常の生活態度を改善し、腰痛の原因となる行動を改善していく治療法が生活改善指導となります。

歩き方、椅子の座り方、座っていた状態から立ち上がる時、階段の上り下りの姿勢など、身体に染みついた変な癖を見つけ、意識しながら改善していくようにします。

【薬物療法・神経ブロック療法】

薬を使う治療で、塗るとひんやりする消炎鎮痛剤などを使うのが一般的です。
また、痛み止めを服用する事もあります。

痛みが酷くてなかなかおさまらない場合には「神経ブロック療法」を行います。
これは、麻酔薬を患部に注射し、痛みの信号が脳に伝わる事を遮断する方法です。

しかし、これらは、所謂「その場しのぎ」の治療であって根本的な治療ではありませんが、現に激しい痛みを伴っていてまともな生活ができない場合には、まずは痛みを取り除くことは非常に重要なことです。

今後の治療方針を検討するにしても、まずは痛みを取り除かなければ次の段階には進むことはできません。

【外科的療法】

手術のことですが、腰椎すべり症の治療で、手術が選択されることは殆ど無いといっていいでしょう。

例え手術に至っても、100%完治するとは限らない事を理解しておかなければなりません。
医者の技術も関係する所はありますが、必ずしもそうではなく、腰は人の身体で一番負荷のかかる部位であるため、再発するケースが多いのです。

整形外科の医師ならば、手術は治療の最終手段ということになります。
また、整体、鍼灸などの施術者は手術をする必要はないという考え方が多いのも確かです。

腰の治療に関しては、治療者の立場によって様々な意見があり、患者本人がどの方法を選択するかは、実に悩ましいところと云えます。

治療経験者の意見や、治療機関の評判などを参考に、患者本人が慎重に治療法を選択し、納得して治療を受ける事が大切です。