年代によって異なる場合がある検査方法

年代によって異なる場合がある検査方法

スポーツ選手で腰痛を訴える人は、まず、この腰椎分離症を考える必要があります。
特に、腰椎を反らせた時に痛みが誘発される場合は、疑いは強いものとなります。

腰椎分離症の一つの診断方法として利用されているのが片脚起立過伸展テストです。
片足立ちして、腰椎を過伸展させると、分離症のある側で腰痛が誘発されます。

さらに、腰椎分離症であることを確定するためにはX線検査を行います。
診断が難しい場合でも、45°の斜位からのX線検査で犬の首輪のように見える分離部を確認する事が出来ます。
これでもはっきりしない場合は、CTで分離部を垂直に切る”スライス”で撮影することで腰椎分離症かどうかを確定できます。

さらに、分離の診断のためにMRI検査を行う場合もありますが、これはごく稀となります。しかし、MRIで分離発生前の状態が観測できるという報告もあります。

高齢者の場合は変性所見が強くてX線検査での診断が困難となるため、検査の方法も若年層とは少し違ってきます。

腰椎分離や、変性によるすべり症から脊柱管狭窄が生じていることが多いのです。
分離部に少量の局所麻酔剤を注入するブロック注射によって、伸展時に誘発される腰痛が劇的に消失する場合、分離部からの腰痛である可能性が高いといえます。

高齢者の腰椎分離症は腰痛が分離から生じているか変性から生じているかの診断はとても困難です。
臨床症状、分離の存在、分離部ブロックの効果などから総合的に判断して、腰椎分離症と診断されますが、腰痛症との鑑別が100%できるというわけではありません。